【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち アレルギー

こんにちは!





ちわもちと申します!





アレルギーに関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


アレルギーに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)Ⅰ型アレルギー反応には、ヒスタミンが関与する
(2)Ⅱ型アレルギー反応は、細胞性免疫による
(3)自己免疫性溶血性貧血は、Ⅲ型アレルギー反応である
(4)Ⅳ型アレルギー反応は、免疫複合体の組織沈着により生じる
(5)花粉症は、Ⅳ型アレルギー反応である





アレルギーの型は、4種類あり難しいですが
まずは、Ⅰ型とⅣ型を覚えると良いです。。





解答

(1)・・・
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)Ⅰ型アレルギー反応には、ヒスタミンが関与する





Ⅰ型アレルギー反応では
マスト細胞上のIgEに抗原が結合し
ヒスタミンなどが放出されることで症状が出ます。





ということで(1)は正しい。






(2)Ⅱ型アレルギー反応は、細胞性免疫による





Ⅰ~Ⅲ型アレルギー反応は、体液性免疫です。





特にⅡ型アレルギーは
抗体が自己の細胞に結合することで
マクロファージなどに貪食され
細胞を傷害してしまうことで起こる
自己免疫疾患です。





バセドウ病や、自己免疫性溶血性貧血(AIHA)などは
Ⅱ型アレルギーです。





ということで(2)は間違い。






(3)自己免疫性溶血性貧血は、Ⅲ型アレルギー反応である





自己免疫性溶血性貧血は、Ⅱ型アレルギーです。





Ⅲ型アレルギーは
免疫複合体(抗原+抗体)が組織に沈着し
補体などが組織に傷害を与えることで起こります。





ループス腎炎(SLE)急性糸球体腎炎などが
Ⅲ型アレルギーです。





Ⅲ型アレルギーは、免疫複合体がポイントです。





ということで(3)は間違い。






(4)Ⅳ型アレルギー反応は、免疫複合体の組織沈着により生じる





免疫複合体の組織沈着による傷害は
Ⅲ型アレルギーです。





Ⅳ型アレルギーは
細胞性免疫によるアレルギー反応です。





大学生が初めてやる、アルコールのパッチテスト
結核の予防接種の必要性を見る、ツベルクリン反応
Ⅳ型アレルギー反応を利用しています。





ということで(4)は間違い。






(5)花粉症は、Ⅳ型アレルギー反応である





花粉症は、Ⅰ型アレルギーです。





ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに


アレルギーの種類は難しいですが
花粉症など、身近なんアレルギーから
覚えていくと、わかりやすいと思います。





↓免疫に関する問題はこちら





それでは~