朝ご飯で必要な栄養はこれ!健康的な朝ごはんとは

こんにちは!ちわもちと申します!





1日の生活の始まりに欠かせない朝ごはん。朝ごはんを食べることで体が温まり、1日のスタートを切ることができます。

しかし、朝ごはんを食べる時間がなかったり、寝起きで食欲がなかったりときちんと朝ごはんを食べていない人も多いと思います。

ということで、朝ごはんで必要な栄養素を紹介し、健康的なオススメ朝食も紹介したいと思います。





スポンサーリンク







なぜ朝ごはんは大切なのか

「食事の中でも朝ごはんは特に大切!」と言われていますが、そもそも朝ごはんの役割をご存じでしょうか。





朝ごはんの役割

朝ごはんは、脳と体を活性化させる大切な栄養源であり、寝ている間に下がった体温を上げ、日中元気に活動するために欠かせないものです。

つまり朝ごはんとは、一日を気持ちよくスタートするために頭と体を起こしてシャキッとさせてくれる、目覚ましのような存在なのです。

もしも朝ごはんを食べなかったとしたら、脳みそと体がちゃんと起きることができず、一日をどんよりした気分で過ごすことになってしまうのです。





朝ごはんで必要な3つの栄養素

朝ごはんで大切なことは、眠っていた脳と体を活性化させること。つまり、脳と体を活性化させるような栄養素を取り入れることが大切です。





朝ごはんに欠かせない3つの栄養素

炭水化物

たんぱく質

ミネラル

炭水化物・タンパク質・ミネラルの3つの栄養素を意識した朝ごはんにすることで、1日を快適に過ごせます。





炭水化物

gohannogazou

ご飯やパンといった、でんぷん質を含む炭水化物です。

でんぷんは体内で分解されるとブドウ糖というものになります。

ブドウ糖は脳にとって唯一のエネルギー源なので、朝の寝ぼけた脳みそを活性化させるためには必要不可欠な栄養素なのです。





たんぱく質

卵の画像

お肉や魚、卵やチーズ、牛乳やヨーグルトなどの良質なたんぱく質です。

たんぱく質は、筋肉や臓器といった体を作る元となったり、血液中では栄養素を体中に運んでくれる役割を持ちます。

朝の寝ぼけた体の隅々まで栄養素を行き渡らせるためには、たんぱく質は必要不可欠です。

また、たんぱく質は消化吸収の際に多くの熱を産生します。寝ている間に下がった体温を素早く温めてくれる効果もあります。





ミネラル

yasainogazou

野菜や果物、海藻類に多いミネラル。

ミネラル類は、炭水化物やたんぱく質の消化吸収を助けてくれたり、体の細かな機能(味覚や嗅覚など)の維持に必要不可欠な栄養素です。

ミネラルはあらゆる栄養素がうまく体の中で機能するための潤滑油のような役割をしてくれるため、1日の始まりである朝ごはんに十分摂取し、体の調子を整えましょう。





スポンサーリンク






健康的な朝ごはんで1日を元気に

バランスのいい食事

朝ごはんに必要な栄養素、炭水化物・たんぱく質・ミネラルを全て含んだ理想的かつ健康的な朝ごはんとはどのようなものか。





炭水化物…ご飯・パン・お茶漬け・雑炊・マカロニ

たんぱく質…焼き魚・卵・豆・チーズ・牛乳・ヨーグルト

ミネラル…野菜・果物・海藻(主にサラダやデザート、味噌汁の具など)

炭水化物、たんぱく質、ミネラルそれぞれの食材を挙げてみました。

ご飯・味噌汁・主菜(魚や卵、ウインナーなどのお肉)、副菜(豆腐や納豆、ひじきなどの海藻)・牛乳やヨーグルト・果物(オレンジなど)というような朝ごはんはとても健康的で理想と言えます。

ちなみに、朝ごはんはもっと簡単に済ませたいという人は、上で紹介した食材を組み合わせるだけで簡単な朝食にすることができます。

例えば、「マカロニサラダと牛乳」、「甘い果物とヨーグルト」などでは手軽に3つの栄養素を摂ることができます。

ポイントをうまく組み合わせて、1日を元気にすごしましょう。