【解説】基礎栄養学 エネルギー代謝の測定

こんにちは!
ちわもちと申します!





エネルギー代謝の測定に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題

エネルギー代謝の測定に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)直接法では、体温の変化を測定する
(2)二重標識水法では、呼吸中の安定同位体の経日的変化を測定する
(3)呼吸商は、酸素消費量を二酸化炭素生産量で除して求める
(4)グルコースのみが燃焼した場合の呼吸商は、0.7である
(5)たんぱく質の燃焼量(g)は、尿中窒素排泄量(g)に6.25を乗じて求める





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・○





スポンサーリンク






解説

(1)直接法では、体温の変化を測定する





直接法では、密閉された室内温度の変化や、酸素・二酸化炭素濃度の変化を測定することで、エネルギー消費量を推定します。





ちなみに、間接法では消費O₂と産生CO₂、尿中へのN排泄量を測定し、エネルギー消費量を算出します。





というこで(1)は間違い。






(2)二重標識水法では、呼吸中の安定同位体の経日的変化を測定する





二重標識水法では、尿中の安定同位体の経日的変化を測定します。





というこで(2)は間違い。






(3)呼吸商は、酸素消費量を二酸化炭素生産量で除して求める





呼吸商は、二酸化炭素産生量を酸素消費量で除して求めます。





というこで(3)は間違い。






(4)グルコースのみが燃焼した場合の呼吸商は、0.7である





グルコースのみが燃焼した場合は呼吸商、1.0です。脂質の呼吸商が0.7です。





というこで(4)は間違い。






(5)たんぱく質の燃焼量(g)は、尿中窒素排泄量(g)に6.25を乗じて求める





たんぱく質の窒素含有量は16%(100÷16=6.25)とされているため、たんぱく質の燃焼量は尿中窒素排泄量に6.25を乗じて求めます。





というこで(5)は正しい。





スポンサーリンク






おわりに

エネルギー代謝の測定に関する問題はあんまりでないと思います。今回の問題も難しい問題が多いと思いますが、答えられないとしてもそんなに気にしなくて良いと思います。