【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち ホルモン分泌の調節機構

2月 10, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





ホルモン分泌の調節機構に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


ホルモン分泌の調節機構に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)血糖値の上昇は、グルカゴンの分泌を促進する
(2)血中カルシウム値の低下は、カルシトニンの分泌を促進する
(3)ストレスは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌を促進する
(4)チロキシンの過剰分泌は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を促進する
(5)閉経により、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が低下する





ホルモンは頻出なので、1つ1つ丁寧に覚えていくと良いです。
この問題に出てくるものは有名どころばかりなので
全部押さえておくと良いです。





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・○
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)血糖値の上昇は、グルカゴンの分泌を促進する





↑の記事でも書きましたので参考に。





グルカゴンは、血糖値が低下した時
グリコーゲンをグルコースに分解し、血糖値を上げる働きがあります。





血糖値の上昇で分泌が促進されるのは
グルコースを取り込んでくれるインスリンです。





ということで(1)は間違い。






(2)血中カルシウム値の低下は、カルシトニンの分泌を促進する





↑の記事でも書きましたので参考に。





カルシトニンは、血中のカルシウム値が上昇してきた時に
血中カルシウム濃度を下げてくれます。





逆に、血中カルシウム濃度が低下しているときに
血中カルシウム濃度を上昇させる(骨吸収等によって)のは
パラトルモン(副甲状腺ホルモン)です。





骨吸収は、カルシウムを骨から吸収するので
骨のカルシウムが減り、血中のカルシウムが増えます。
パラトルモンは骨吸収
と覚えておくと良いかと思います。





ということで(2)は間違い。






(3)ストレスは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌を促進する





ストレスは
視床下部―下垂体―副腎系を活性化します。





視床下部から副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンを分泌させ
下垂体に作用し、下垂体から副腎皮質刺激ホルモンを分泌させます。
ややこしい。


副腎皮質刺激ホルモンは、副腎皮質に作用し
副腎皮質からコルチゾールの分泌を促進します。





長々と書きましたが
ストレスは副腎皮質を刺激してしまうと覚えておくと良いと思います。





ということで(3)は正しい。






(4)チロキシンの過剰分泌は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を促進する





チロキシンは、代謝促進効果があり
脂肪燃焼など、エネルギー消費が増加する働きがあります。

炎がチロチロと燃えるのをイメージして
チロチロ脂肪を燃やすチロキシンです。





そんなチロキシン
甲状腺刺激ホルモンの作用で、甲状腺から分泌されるホルモンです。





チロキシンの過剰分泌は
負のフィードバックにより、甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑制します。





ということで(4)は間違い。






(5)閉経により、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が低下する





閉経によって、卵巣機能が低下するため
卵胞を刺激して活性化させようと、卵胞刺激ホルモンの分泌が増加します。





ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに


ホルモンの種類はかなり多いので混乱しがちですが
数をこなして慣れていくと良いかと思います。

この問題のホルモンは絶対覚えておくと良いです。





それでは~