【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 一時救命処置

2月 10, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





一時救命処置に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


一時救命処置に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)口対口人工呼吸法
(2)心電図のモニタリング
(3)気管挿管
(4)頭部後屈による気道確保
(5)アドレナリンの静脈注射





この問題は簡単だと思います。
人が倒れたりしたときに、まず最初にやるべきことですね。
車の免許を取る時にも習うかと思うので、免許持ってる方は思い出そう。





解答

(1)・・・○
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・○
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)口対口人工呼吸法

(2)心電図のモニタリング

(3)気管挿管

(4)頭部後屈による気道確保

(5)アドレナリンの静脈注射





この問題の解説はまとめて行います。





まず、一時救命処置とは
現場に居合わせた人が行う救命措置です。

胸骨圧迫気道確保人工呼吸除細動 の順に行われます。





つまり

(1)口対口人工呼吸
(4)頭部後屈による気道確保
の2つが正しいということになります。






(2)心電図のモニタリング
(3)気管挿管
(5)アドレナリンの静脈注射

は、医療関係者からなる専門チームが
医療機具や薬剤などを用いて系統的な心肺蘇生を行うことをさす
二次救命処置です。





ちなみに
アドレナリンの静脈注射は
アレルギーの問題のアナフィラキシーショックなどと一緒によく出るので
覚えておくと良いと思います。





スポンサーリンク






おわりに


あまり見ない問題ですが常識的な問題のような気もするので
出たらラッキーと思って、確実に点を取りましょう。





それでは~