【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 感覚器

2月 10, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





感覚器に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


感覚器に関する記述である。正しいのはどれか。

(1)音は、半規管によって電気信号に変換される
(2)蝸牛からの信号は、顔面神経により伝えられる
(3)ロドプシンは、光の網膜照射によって分解される
(4)瞳孔は、強い光が網膜に照射されることによって散大する
(5)味蕾からの信号は、舌下神経により伝えられる





聴覚、視覚、味覚などの感覚器の問題ですね。
自分の身に起こっていることなのでイメージしやすいと思います。





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・○
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)音は、半規管によって電気信号に変換される





半規管は、音ではなく平衡感覚に関わります。





音を電気信号に変換するのは、蝸牛です。





ということで(1)は間違い。






(2)蝸牛からの信号は、顔面神経により伝えられる

 

蝸牛からの信号は、顔面神経ではなく
内耳神経によって伝えられます。





蝸牛は音の信号を伝えるので、内耳神経になります。





ということで(2)は間違い。






(3)ロドプシンは、光の網膜照射によって分解される





ビタミンAから合成されるロドプシンは
光の網膜症者によって分解されます。





ビタミンA不足で起こる夜盲症は
ロドプシンが合成されなくなることで起こります。





ということで(3)は正しい。






(4)瞳孔は、強い光が網膜に照射されることによって散大する





強い光が当たると、瞳孔がキュッと収縮(縮瞳)します。
猫の黒目をイメージすると分かりやすいかと思います。





猫の黒目は明るいところでは細く、暗いところでは大きく丸くなります。





ということで(4)は間違い。






(5)味蕾からの信号は、舌下神経により伝えられる





味蕾からの信号は
顔面神経(舌の前2/3)と舌下神経(舌の後ろ1/3)から伝えられます。





ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに


感覚器はそんなに難しくはないと思いますが
神経が絡んでくると少しややこしくなるので
神経はきちんと区別して覚えると良いと思います。





それでは~