【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 感染症とその病原体

こんにちは!





ちわもちと申します!





感染症とその病原体に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


感染症とその病原体の組み合わせである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)急性糸球体腎炎―――細菌
(2)麻疹―――リケッチア
(3)ニューモシスチス肺炎―――ウイルス
(4)手足口病―――マイコプラズマ
(5)発疹チフス―――クラミジア





感染症の病原体はたくさんあるので
最低でもこの問題の内容は覚えましょう。





解答

(1)・・・
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)急性糸球体腎炎―――細菌





急性糸球体腎炎の原因は
A群β溶血性連鎖球菌で発症します。





つまり、細菌です。





ということで(1)は正しい。






(2)麻疹―――リケッチア





麻疹は、麻疹ウイルスで感染します。





リケッチアには、ツツガムシ病などがあるそうです。





リケッチアに関しては
リケッチアという存在を認識している程度で大丈夫です。





ということで(2)は間違い。






(3)ニューモシスチス肺炎―――ウイルス





ニューモシスチス肺炎は
真菌によって起こります。





ちなみに
ニューモシスチス肺炎は
エイズなどで免疫機能が低下していると発症する
日和見感染症です。





ニューモシスチス肺炎とエイズはセットで覚えましょう。





ということで(3)は間違い。






(4)手足口病―――マイコプラズマ





手足口病は
コクサッキーウイルスや
エンテロウイルスによる感染症です。





なので、ウイルスです。





マイコプラズマは
マイコプラズマ肺炎を引き起こします。





ということで(4)は間違い。






(5)発疹チフス―――クラミジア





発疹チフスは
シラミが媒介するリケッチアによる感染症です。





クラミジアは、子宮頸管炎などに進行する可能性があります。





ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに


ウイルスや細菌は聞きなじみがありますが
リケッチアなんかはあまり聞かないと思います。





また、今回は出てきませんでしたが
プリオン」と言う
たんぱく質性感染粒子もあります。
牛海綿状脳症(BSEや狂牛病と呼ばれる)の原因がプリオンです。





とりあえず、存在は把握しておきましょう。





それでは~