【解説】基礎栄養学 カルシウムの吸収と代謝

こんにちは!
ちわもちと申します!





カルシウムの吸収と代謝に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





          スポンサーリンク







問題

カルシウムの吸収と代謝に関する記述である。誤っているものはどれか。1つ選べ。

(1)カルシウムは能動輸送によって吸収される
(2)カルシウムの吸収は、活性型ビタミンDで促進される
(3)カルシウムの吸収率は、年齢による影響を受ける
(4)カルシウムの吸収は、シュウ酸により阻害される
(5)血中カルシウム濃度は、カルシトニンによって上昇する





解答

(1)・・・○
(2)・・・○
(3)・・・○
(4)・・・○
(5)・・・×





          スポンサーリンク






解説

(1)カルシウムは能動輸送によって吸収される





カルシウムは、能動輸送と受動輸送どちらによっても吸収されます。





というこで(1)は正しい。






(2)カルシウムの吸収は、活性型ビタミンDで促進される





カルシムの吸収は、活性型ビタミンDで促進されます。逆に、活性型ビタミンDが不足するとカルシウムの吸収が抑制され、カルシウム不足に陥ります。
内分泌疾患に関する問題はこちら





というこで(2)は正しい。






(3)カルシウムの吸収率は、年齢による影響を受ける





カルシウムの吸収率は、加齢に伴って落ちます。年齢を重ねるほど、カルシウム摂取が必要になります。





というこで(3)は正しい。






(4)カルシウムの吸収は、シュウ酸により阻害される





カルシウムの吸収は、シュウ酸やフィチン酸などによって阻害されます。





因みに、主産を多く含む食べ物は葉菜類(ほうれん草など)が挙げられます。





ということで(4)は正しい。






(5)血中カルシウム濃度は、カルシトニンによって上昇する





血中カルシウム濃度は、カルシトニンによって低下します。





血中カルシウム濃度をコントロールするホルモンは、カルシトニンとパラトルモンがあり、カルシトニンは血中カルシウム濃度低下↓パラトルモンは血中カルシウム濃度上昇↑させます。





というこで(5)は間違い。





          スポンサーリンク






おわりに

カルシウムに関する問題は、カルシトニンとパラトルモンの違いや、ビタミンD関連、欠乏症などを抑えておけば対応できると思います。





それでは~