【解説】基礎栄養学 血糖の調節

こんにちは!
ちわもちと申します!





血糖の調節に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題

血糖の調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)筋肉グリコーゲンは、分解されて血中グルコースになる
(2)脂肪酸は、グルコースの合成材料になる
(3)乳酸は、グルコースの合成材料になる
(4)グルカゴンは、血糖値を低下させる
(5)インスリンは、血中グルコースの脂肪組織への取り込みを抑制する





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説

(1)筋肉グリコーゲンは、分解されて血中グルコースになる





筋肉グリコーゲンは、血中のグルコースにはならず、筋肉の栄養として使われます。
筋肉グリコーゲンの似たような問題はこちら





というこで(1)は間違い。






(2)脂肪酸は、グルコースの合成材料になる





脂肪酸は、グルコースの合成材料になりません。脂肪酸は、β酸化によってエネルギーになるか、ケトン体になります。





ちなみに、脂肪酸と一緒に、トリアシルグリセロールを構成しているグリセロール骨格は、グルコースの合成材料になるので、ごちゃまぜにならないように覚えておきましょう。





というこで(2)は間違い。






(3)乳酸は、グルコースの合成材料になる





乳酸は、グルコースの合成材料になります。
コリ回路に関する別の問題はこちら





というこで(3)は正しい。






(4)グルカゴンは、血糖値を低下させる





グルカゴンは、血糖値が下がってきたときに、分泌され、血糖値の上昇を促進します。
グルカゴンに関する似たような問題はこちら





というこで(4)は間違い。






(5)インスリンは、血中グルコースの脂肪組織への取り込みを抑制する





インスリンは、血中グルコースが上昇した時に、血中グルコースを筋肉や脂肪組織へ取り込みます。結果的に血中グルコースは下がります。





というこで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに

血糖の調節に関する、基本的な問題なので、全部理解しておきましょう。





それでは~