【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 呼吸器系の構造と機能

2月 9, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





呼吸器系の構造と機能に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


呼吸器系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)左肺は、上葉、中葉、下葉からなる
(2)横隔膜は、呼気時に弛緩する
(3)内呼吸は、肺胞で行われるガス交換である
(4)血中二酸化炭素分圧の上昇は、ヘモグロビンの酸素結合能力を高める
(5)肺活量は、残気量を含む





呼吸器の基本的な問題です。
サクッと答えられるようになると良いです。





解答

(1)・・・×
(2)・・・○
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)左肺は、上葉、中葉、下葉からなる





「肺 イラスト フリー」の画像検索結果
右葉       左葉




右葉は、上葉、中葉、下葉から
左葉は、上葉と下葉のみから成ります。





イラストの左葉側は、心臓と重なる部分でもあります。
心臓が圧迫しているので、中葉がないんですね。





ということで(1)は間違い。






(2)横隔膜は、呼気時に弛緩する





呼気時というのは、吐き出すときです。





横隔膜の緩急によって、肺が膨らんだりしぼんだりして
呼吸が行われます。





深呼吸を思い出してみてください。
スーッと吸って、フーッと吐き出す。
吐き出すときにリラックスすると思います。





吐き出すときにリラックスすると思うので
イメージはそのまま、呼気時に弛緩します。





横隔膜は
吸うときに、収縮
吐くときに、弛緩です。





ということで(2)は正しい。






(3)内呼吸は、肺胞で行われるガス交換である





ガス交換には、内呼吸と外呼吸があります。





内呼吸
体内の細胞で、血液中ヘモグロビンから酸素を取り込み
二酸化炭素を排出するガス交換のことです。





外呼吸
肺胞で行われるガス交換です。





ということで(3)は間違い。






(4)血中二酸化炭素分圧の上昇は、ヘモグロビンの酸素結合能力を高める





血中二酸化炭素分圧の上昇ということは
血液中に二酸化炭素が増えているということ。





血中の二酸化炭素が増えていると、酸素の割合が少ないので
ヘモグロビンの酸素結合能力は低下します。





ということで(3)は間違い。






(5)肺活量は、残気量を含む





肺活量に、残気量は含まれません。





肺活量は、意識して呼吸できる最大量です。
残気量は、安静呼気位で肺に残る量を言います。





肺活量と残気量を合わせると全排気量になります。





ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに


呼吸時の横隔膜の動きは、逆に覚えてしまうこともあるので注意です。
吐くときが、リラックスなので弛緩です。





それでは~