【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 免疫

2月 16, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





免疫に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


免疫に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ

(1)ヘルパーT細胞は、非特異的防御機構を担う
(2)形質細胞は、非特異的防御機構を担う
(3)ナチュラルキラー(NK)細胞は、特異的防御機構を担う
(4)B細胞は、細胞性免疫を担う
(5)抗原提示細胞は、細胞性免疫と体液性免疫を担う





免疫の問題は、難しいですが
武器にするととても心強いので解けるようになりましょう。





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・





スポンサーリンク






解説


(1)ヘルパーT細胞は、非特異的防御機構を担う





非特異的免疫
体内に侵入した異物を、無差別に排除します。





特異的免疫
抗原刺激によって、その抗原に対する抗体の産生などを担います。





ヘルパーT細胞を含む、T細胞や形質細胞、B細胞は
特異的防御機構を担います。





好中球や、ナチュラルキラー細胞が、非特異的防御機構を担います。





マクロファージは、特異的と非特異的の両方を担います。





特異的防御機構・・・ T細胞、形質細胞、B細胞
非特異的防御機構・・・好中球、ナチュラルキラー細胞
両方・・・マクロファージ





ということで(1)は間違い。






(2)形質細胞は、非特異的防御機構を担う





(1)でも書きましたが
形質細胞は、特異的防御機構を担います。





ちなみに
形質細胞は、B細胞から分化します。





ということで(2)は間違い。






(3)ナチュラルキラー(NK)細胞は、特異的防御機構を担う





(1)でも書きましたが
ナチュラルキラー細胞は、非特異的防御機構を担います。





ということで(3)は間違い。






(4)B細胞は、細胞性免疫を担う





免疫には、細胞性免疫体液性免疫があります。





抗体が中心となって働くものを体液性免疫
細胞が病原体を食べたり殺したりする働きが中心となるものを
細胞性免疫と言います。





B細胞は、体液性免疫を担うリンパ球です。





細胞性免疫を担うリンパ球は、T細胞です。


ということで(4)は間違い。






(5)抗原提示細胞は、細胞性免疫と体液性免疫を担う





抗原提示細胞は
体内に侵入した抗原を貪食し、抗原の情報を提示します。
マクロファージ樹状細胞B細胞があります。





抗原提示細胞は
細胞性免疫を担う細胞や、体液性免疫を担う細胞を活性化するので
両方を担うことになります。





ということで(5)は正しい。





スポンサーリンク






おわりに


特異的防御機構・・・T細胞、形質細胞、B細胞
非特異的防御機構・・・好中球、ナチュラルキラー細胞

両方・・・マクロファージ





体液性免疫・・・B細胞、形質細胞
細胞性免疫・・・T細胞





抗原提示細胞・・・マクロファージ、樹状細胞、B細胞





それでは~