【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 免疫グロブリン

こんにちは!





ちわもちと申します!





免疫グロブリンに関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


免疫グロブリンに関する記述である。正しいのはどれか。

(1)IgEは、感染後、最初に血中に現れる抗体である
(2)IgAは、免疫グロブリンの中で血中濃度が最も高い
(3)IgMは、Ⅰ型アレルギーに関与する
(4)IgGは、胎盤を通過する
(5)IgDは、分子量が最も多い





免疫グロブリンは、5種類あり
それぞれ覚えましょう。。





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)IgEは、感染後、最初に血中に現れる抗体である





IgEは、アレルギーでおなじみです。
マスト細胞や好中球に結合し
Ⅰ型アレルギーやアナフィラキシーに関与します。





感染後、最初に血中に現れる抗体は
分子量が1番大きな、IgMです。





ということで(1)は間違い。






(2)IgAは、免疫グロブリンの中で血中濃度が最も高い





IgAは、母乳(初乳)に多い免疫グロブリンです。





免疫グロブリンの中で、血中濃度が最も高いのは、IgGです。





ということで(2)は間違い。






(3)IgMは、Ⅰ型アレルギーに関与する





Ⅰ型アレルギーに関与するのは、IgEです。





IgMは、免疫グロブリンの中で1番運資料が大きく
初回の感染で最も多く分泌します。





ということで(3)は間違い。






(4)IgGは、胎盤を通過する





IgGは、免疫グロブリンの中で唯一胎盤を通過します。





有名で、良く問われるので
絶対覚えましょう。





ということで(4)は正しい。






(5)IgDは、分子量が最も多い





分子量が最も多いのは、IgMです。





IgDは、いまだに機能が良く知られていない免疫グロブリンです。





ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに


↓免疫グロブリンについてまとめました。

これさえ覚えれば、免疫の問題は解けます。





↓免疫に関する別の問題はこちら





それでは~