【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 内分泌疾患と血液検査

2月 10, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





内分泌疾患と血液検査に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


内分泌疾患と血液検査の組み合わせである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)甲状腺機能亢進症—————血糖値の低下
(2)原発性アルドステロン症——血清カリウム値の上昇
(3)褐色細胞腫————————血中アドレナリン値の低下
(4)原発性副甲状腺機能亢進症—血清リン値の上昇
(5)尿崩症——————————血漿浸透圧の上昇





この問題の内分泌疾患はどれも有名で頻出なので
1つ1つ理解しておくとベストです。





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・○





スポンサーリンク






解説


(1)甲状腺機能亢進症—————血糖値の低下





甲状腺機能亢進症は
名前通り、甲状腺の機能が亢進します。





甲状腺からは、チロキシンというホルモンが分泌され
エネルギー代謝の亢進や、血糖の上昇を促進します。
チロチロ燃焼ですね。





甲状腺の機能が亢進することで、チロキシンが過剰に分泌され
エネルギー代謝血糖値の上昇が亢進されます。





ということで(1)は間違い。






(2)原発性アルドステロン症——血清カリウム値の上昇





原発性アルドステロン症は、アルドステロンの分泌が亢進されます。





アルドステロンは、血圧上昇に関わるホルモンですので
血圧を下げる効果のあるカリウムが高値になるのは矛盾しています。





ということで(2)は間違い。






(3)褐色細胞腫——-血中アドレナリン値の低下





褐色細胞腫
カテコールアミンを産生する腫瘍なので
アドレナリンやノルアドレナリン値は上昇します。





ということで(3)は間違い。






(4)原発性副甲状腺機能亢進症—血清リン値の上昇





副甲状腺機能亢進症は
その名の通り、副甲状腺の機能が亢進します。





副甲状腺ホルモンである、パラトルモンの分泌が促進し
血清カルシウム値の上昇と、血清リン値の低下が起こります。





パラトルモンは血清カルシウム値を上昇させるだけでなく
リンの排泄を促してくれるんですね。

結果的に、血清カルシウム値は上がり、血清リン値は下がります。
カルシウムとリンは対象になっていると覚えておくと良いです。





ということで(4)は間違い。






(5)尿崩症————血漿浸透圧の上昇





尿崩症は
バソプレシンが分泌されず、水の再吸収が行われないことで起こります。





水の再吸収が行われず、尿として水分が出ていくので
血液は濃くなっていく。
つまり、血漿の浸透圧は上昇します。





ということで(5)は正しい。





スポンサーリンク






おわりに


今回の問題と似たような問題の解説もあるので
↓に載せておきます。





内分泌疾患の問題は、今回の問題の疾患をしっかり答えられれば
大丈夫だと思います。





それでは~