ナッツでダイエット失敗!?美容効果に惑わされるな!

こんにちは!





ちわもちと申します!





栄養価が高く、美容効果もあることで知られるナッツ

ナッツの栄養と健康効果についてはこちら





美容効果も高いことから
ダイエット目的でナッツを食べてしまう人がいますが
ナッツはダイエットに向いていません!





今回は、ナッツがダイエットに向いていない理由
どうしてもナッツでダイエットしたい人のために
ナッツでダイエットする際のコツを紹介します。





スポンサーリンク







ナッツはダイエットに不向き

ナッツの画像

ナッツがダイエットに不向きな理由は
カロリーや脂質が高いという
とてもシンプルな理由です。





ですが、ダイエットに不向きとは言え
ナッツには健康効果や美容効果もあるので
一応、食べ方次第で美しくなれます





以下で、ナッツのカロリー脂質についての詳細と
ナッツでダイエットするときのコツを紹介します。





ナッツはカロリーが高い

ナッツの種類にもよりますが
ナッツ類は総じてカロリーが高いです。





比較的簡単に食べられる量の
各ナッツ20gのカロリーを見てみましょう。


各ナッツのカロリー(20g)

アーモンド・・・122kcal
ピスタチオ・・・123kcal
マカダミア・・・144kcal
くるみ・・・・・135kcal





たったの20gで100kcalオーバーです。

ご飯のカロリーはこちら。参考までに。





おやつやおつまみ感覚でポリポリ食べたら
どんどんカロリーを摂っているということになります。





ちなみに、20gは
アーモンドは20粒
マカダミアナッツは10粒ほどです。





マカダミアナッツの方がカロリーが高いですね。





ナッツは脂質が多い

ナッツ類は脂質も多いです。
脂質が多いために、カロリーも高くなっています。





脂質が多いナッツ順に紹介します。

  1. マカダミアナッツ
  2. くるみ
  3. ピスタチオ
  4. アーモンド




マカダミアナッツは、脂質の量もカロリーも1番高いですね。
ですが美容効果も高いので
食べる量で綺麗になるか太るか分かれてしまい素です。

マカダミアナッツの美容効果はこちら





アーモンドはナッツの中で
1番脂質やカロリーが低いですが
高カロリーなのは違いないので
結果的に食べすぎには注意です。





スポンサーリンク






ナッツでダイエットするときのコツ

ナッツはカロリーも脂質も高いですが
健康や美容に良い栄養も多いのは事実です。





ナッツの栄養の良い部分を生かして
うまく体重管理する方法は

・ナッツを食べる量を決める
・ナッツと別の食べ物を置き換える

ということが効果的です。





ナッツを食べる量を決めて食べる

ナッツは、食べすぎにさえ気を付ければとても体に良い食べ物です。





ナッツ以外の食事を普通に食べる場合
ナッツの量は以下の量に抑えましょう。


1日に食べるナッツの量

1日当たり、25g
(アーモンドだと25粒)





ただ、いつもの食事+ナッツだと
量を抑えても、痩せる効果は薄いです。





ナッツと別の食べ物を置き換える

ナッツは高カロリーですので
ナッツをたくさん食べたい場合は
他の食事を抑える必要があります。





置き換える食べ物は、お肉類がベストです。





おやつなどとしてナッツをたくさん食べたい場合
ご飯や汁物、サラダはそのままでもいいので
メインのおかずで食べる、お肉類を半分以下にすることで
ナッツのカロリーでカロリー過剰になることなく
ナッツの健康美容効果が期待できます





ナッツはダイエット不向きまとめ

ナッツがダイエットに不向きな理由は

  • カロリーが高い
  • 脂質が高い
という2点が挙げられます。




少量でも高カロリーになってしまうため、注意が必要です。





また、ナッツでダイエットする場合

  • ナッツを食べる量を決める
  • ナッツと罰の食べ物を置き換える

という、2点を守りましょう。





ダイエットという目的では
ナッツよりも効果的な食材が沢山あるので
ナッツにこだわる必要はないですが
ナッツの美容効果も同時にゲットしたいなら
上で紹介したナッツのダイエットを試してみると良いです。





それでは~