【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 循環の調節機序

2月 10, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





循環の調節機序に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


循環の調節機序に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)血管運動中枢は、脊髄に存在する
(2)心拍数は、頸動脈洞マッサージにより増加する
(3)末梢血管抵抗は、血液粘性の増加により低下する
(4)バソプレシンは、血管収縮作用がある
(5)セロトニンは、血管拡張作用がある





血圧の調節がどういう風に行われているかの問題ですね。
よく出るので、サクッと解けるようになると良いと思います。





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・○
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)血管運動中枢は、脊髄に存在する





血管運動中枢は、延髄にあります。





脊髄ではなく延髄です。





ということで(1)は間違い。






(2)心拍数は、頸動脈洞マッサージにより増加する





頸動脈は首の脈のことです。
手を当てると脈打ってると分かるとこです。





頸動脈をマッサージしても心拍数なんて上がりませんよね。





むしろ、頸動脈洞マッサージによって副交感神経が刺激され
心拍数は低下します。





ということで(2)は間違い。






(3)末梢血管抵抗は、血液粘性の増加により低下する





血液粘性が増加するということは、血液がドロドロになるということ。

血液がドロドロになると、末梢血管抵抗が増え血圧が増加します。





ということで(3)は間違い。

血液はサラサラの方がいいですね。






(4)バソプレシンは、血管収縮作用がある





バソプレシン
腎尿細管において水の再吸収を促進させる効果を持っていますが
血管平滑筋を収縮させる作用も持っています。





大切なのは、水の再吸収促進作用の方なのですが
血管平滑筋収縮作用も、一応頭に入れておくと良いと思います。





ということで(4)は正しい。






(5)セロトニンは、血管拡張作用がある





↑の記事でも書きましたが

セロトニンは、トリプトファンから合成される神経伝達物質です。

平滑筋収縮作用があり、血管収縮や腸管運動の調節に関わります。





ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに


血圧調節には、さまざまに仕組みがあるので
整理して覚えると良いと思います。





血圧が下がると、命に関わるので
血糖と同じように、増加する方へ働く仕組みの方が多い気がします。





それでは~