血圧上昇に関わるレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系とは

2月 10, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





国家試験でよく出る

レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系

について、流れを解説します。





血圧上昇の仕組み


レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系とは
身体の血圧を上昇させる仕組みです。

では、どのようにして血圧を上昇させるのか。





レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系のメカニズム

①血圧低下、体液減少、交感神経興奮を受け
 腎臓の傍糸球体細胞からレニンが分泌される。

②レニンは、肝臓により分泌されたアンジオテンシノーゲンを
アンジオテンシンⅠに変換する。

③アンジオテンシンⅠは、肺から分泌される
アンジオテンシン変換酵素(ACE)によって
アンジオテンシンⅡに変換される。

④アンジオテンシンⅡは、全身の血管収縮を促す。

⑤さらにアンジオテンシンⅡは
副腎皮質からのアルドステロン分泌を促進する。

⑥アルドステロンは
主に遠位尿細管におけるNa⁺と水の再吸収を促進する。

⑦ ④⑥によって血圧は上昇し
負のフィードバックでレニン分泌は抑制される。





レニンは腎臓から
アンジオテンシノーゲンは肝臓から
アルドステロンは副腎皮質から分泌されます。





↓図にするとこんな感じ

スポンサーリンク




いろんなホルモンが出てややこしいですが
直接血圧上昇に関わるのは
アンジオテンシンⅡアルドステロンだけです。





この一連の流れが分かっていれば、何の問題もないかと思います。





それでは~