【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 循環器系の疾患と病態

2月 10, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





循環器系の疾患と病態についての問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


循環器系の疾患と病態に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)狭心症は、肺塞栓を引き起こす
(2)心筋梗塞は、心室細動を引き起こす
(3)下肢の動脈閉塞は、脳梗塞を引き起こす
(4)冠動脈血栓は、ラクナ梗塞を引き起こす
(5)低血圧は、脳出血を引き起こす





心臓や脳の血管の問題ですね。
この問題のような有名どころは必ず覚えておいた方が良いです。





解答

(1)・・・×
(2)・・・○
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)狭心症は、肺塞栓を引き起こす





狭心症は、心臓にある冠動脈の動脈硬化性狭窄により
一過性の心筋虚血を引き起こすことを言います。

狭心症によって肺塞栓が引き起こされることはありません。





肺塞栓は、足の静脈の血栓や塞栓が
肺動脈まで流れていき、閉塞することで起こります。
どんぶらこっこですね。

肺塞栓は、足の静脈で起こることが多く
車などに長時間座っていることで足の血液の流れが悪くなる
エコノミークラス症候群などでも起こります。





ということで(1)は間違い。






(2)心筋梗塞は、心室細動を引き起こす





心筋梗塞は、心室頻拍や心室細動などの危険な不整脈を引き起こします。
心筋梗塞で突然亡くなってしまう原因は不整脈です。

その他の合併症として、心不全や脳梗塞があります。

なぜ脳梗塞まで起きてしまうかというと
(1)の肺塞栓と同様に
心臓の血栓が脳まで流れて行ってしまうことがあるからです。
どんぶらこっこです。





ということで(2)は正しい。






(3)下肢の動脈閉塞は、脳梗塞を引き起こす





下肢の動脈が閉塞されてしまうと
下肢の虚血による潰瘍・壊死を引き起こします。





(1)でも書きましたが
下肢の静脈の血栓や塞栓は、肺塞栓を引き起こす可能性があります。





動脈と静脈で違うので、注意が必要です。





ということで(3)は間違い。






(4)冠動脈血栓は、ラクナ梗塞を引き起こす





ラクナ梗塞とは、高血圧、糖尿病、喫煙や加齢などによって
脳の細い血管が狭窄または閉塞することを言います。





冠動脈血栓によってラクナ梗塞が引き起こされることはありません。
冠動脈血栓によって引き起こされるのは心筋梗塞です。





ということで(4)は間違い。






(5)低血圧は、脳出血を引き起こす





脳出血を引き起こす可能性があるのは
低血圧ではなく、高血圧です。
なんとなくわかると思います。





高血圧は他にも、心筋梗塞や脳梗塞、心不全の原因になります。

低血圧の方は、循環不全によって組織の虚血を起こす可能性があります。





ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに


心筋梗塞や、脳梗塞、ラクナ梗塞、肺塞栓、脳塞栓など
覚えることは多いですが
イメージを膨らませて考えると覚えやすいかなと思います。





それでは~