【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 赤血球

こんにちは!





ちわもちと申します!





赤血球に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。






スポンサーリンク




問題


赤血球に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)赤血球のヘモグロビンは銅を含む
(2)末梢血中の赤血球には、1個の核がある
(3)老朽化した赤血球は脾臓で破壊される
(4)赤血球の寿命は、末梢血中で約30日である
(5)赤血球の産生は、トロンボポエチンによって刺激される





赤血球に関する、基本中の基本問題です。
サクッと答えられるようにしましょう。





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク




解説


(1)赤血球のヘモグロビンは銅を含む





赤血球のヘモグロビンと言えばですよね。





銅なワケがないです。





ということで(1)は間違い。






(2)末梢血中の赤血球には、1個の核がある





赤血球は核を持ちません





ただひたすら、酸素を運ぶ仕事を行うのです。





有名なので、絶対覚えましょう。





ということで(2)は間違い。






(3)老朽化した赤血球は脾臓で破壊される





老朽化した赤血球は
脾臓肝臓骨髄などでマクロファージに貪食され
破壊されます。





ということで(3)は正しい。






(4)赤血球の寿命は、末梢血中で約30日である





↑上の記事でも書きましたので参考に。





赤血球の寿命は約120日です。





例え、末梢血中だろうと
約120日です。





ということで(4)は間違い。






(5)赤血球の産生は、トロンボポエチンによって刺激される





赤血球の産生は
エリスロポエチンによって刺激されます。





トロンボポエチンは
血小板産生に関わります。





ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク




おわりに


今回の問題は
(1)~(5)まで、全て基礎なので
全部わかるようにしましょう。





それでは~