【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち オリゴ糖

2月 11, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





オリゴ糖に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。




          スポンサーリンク







問題


オリゴ糖とそれに含まれる糖の組み合わせの問題である。正しいのはどれか。

(1)トレハロース ------フルクトース
(2)スクロース -------アラビノース
(3)マルトース -------マンノース
(4)ラフィノース ------ガラクトース
(5)シクロデキストリン ---ガラクツロン酸





オリゴ糖の問題です。
覚えてないと全く解けない問題ですね。





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・
(5)・・・×





          スポンサーリンク






解説


(1)トレハロース ------フルクトース





トレハロース
聞いたことあるけどなぁ、、
で止まっている人もいるでしょう。





トレハロースグルコース2分子がα‐1.1結合した二糖です。





ここでは、α‐1.1結合のことはおいておきましょう。
ポイントはグルコース2分子ということ。





つまり
トレハロースはグルコースが2つくっついて出来ています。





なので
フルクトースは、トレハロースの含まれていません。





ということで(1)は間違い。






(2)スクロース -------アラビノース





スクロースについては
よく問われるので、覚えておきましょう。





スクロースは、ショ糖と呼ばれるものです。
グルコースフルクトースでできています。
僕は、ショ糖はグルフルと覚えていました。
特に意味はないです。





アラビノースはわからなくても大丈夫です。





ということで(2)は間違い。






(3)マルトース -------マンノース





マルトースは、麦芽糖と呼ばれるものです。
マルトースと聞いてピンとこなくても
麦芽糖なら聞いたことあると思います。





マルトースマンノース
名前が似ているからと言って関係があるわけではありません。





マルトースは
グルコース2分子α‐1.4結合したものです。





グルコース2分子というところは
トレハロースと同じですが、結合の仕方が違います。





よく見るのはマルトースだと思うので
α‐1.4結合も覚えておいてもいいかもしれません。





僕は、グルグルしてるマルトースと覚えていました。





ということで(3)は間違い。





ちなみに
加熱でβ‐アミラーゼを活性化させデンプンを分解して
マルトース(麦芽糖)を生成する原理で
サツマイモが甘くなるのは有名です。






(4)ラフィノース ------ガラクトース





ラフィノース
そもそもこれはなんなのかですが。





ラフィノースは代表的な三糖です。

  • 三糖 ラフィノース
  • 四糖 スタキオース




それぞれ三糖と四糖の代表的なもので
地味に問題に多く出てくるので覚えておくと良いと思います。





ラフィノース、スタキオースは
どちらも大豆に多く含まれています。





ラフィノースは三糖ということで
スクロースガラクトースからできており
二糖と単糖でできているということです。
(2+1=3)





ということで(4)は正しい。





ちなみに
四糖であるスタキオース
ラフィノースに更にガラクトースがくっついたものです。





スクロース+ガラクトース+ガラクトースということですね。
(2+1+1=4)






(5)シクロデキストリン ---ガラクツロン酸





これはわからなくてもいいです。





シクロ~
というのは、環状という意味を持ちます。





デキストリンはデンプンやグリコーゲンから
出来る低分子量の炭水化物の総称です。





難しく書いてありますがデンプンやグリコーゲンは
グルコースの集まりなので
そのグルコースの集まりが環状になっている
それがシクロデキストリンなのです。
なので、ガラクツロン酸なんていう
わけのわからないものは無視しましょう。





ちなみに
ガラクツロン酸は、ペクチンなどに含まれます。





ということで(5)は間違い。





          スポンサーリンク






おわりに


糖は似たような名前が多く覚えるのが大変です。
最低限覚えておくと良い糖を書きます。

  • ラクトース(乳糖) ----ガラクトースとグルコース
  • マルトース(麦芽糖) ---グルコースとグルコース
  • スクロース(ショ糖) ---グルコースとフルクトース




結合の仕方が違いうが                          グルコースのみからできているもの。

  • アミロース
  • アミロペクチン
  • グリコーゲン
  • セルロース




他に有名なもの

  • キチン --- N-アセチルグルコサミンN-アセチルグルコサミン




それでは~