【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 核酸

2月 11, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





核酸に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





          スポンサーリンク







問題


核酸に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)RNAは主にミトコンドリアに存在する
(2)tRNAは、アミノ酸を結合する
(3)DNAポリメラーゼは、RNAを合成する
(4)cDNAは(相補的DNA)は、RNAポリメラーゼによって合成される
(5)ヌクレオチドは、六炭糖を含む





核やDNAの問題ですね。
難しい内容が多いのですがこの問題は、よく読めば
簡単に分かってしまうかなと思います。





解答

(1)・・・×
(2)・・・○
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・×





          スポンサーリンク






解説


(1)RNAは主にミトコンドリアに存在する





RNAはどこに存在するか。





一概にRNAと言っても
rRNA、tRNA、mRNAなど種類があるので一括りでは言えません。





リボソームを構成している
rRNAは、リボソーム
mRNAtRNA細胞質に存在しています。





そもそもミトコンドリアは主にATP産生に関わる器官です。





↑こちらを参考に。





なので
ミトコンドリアはRNAの主な存在場所ではないです。





ということで(1)は間違い。






(2)tRNAは、アミノ酸を結合する





tRNAは運搬RNAとも呼ばれるものです。





tRNA(運搬RNA)はその名の通り、運ぶのが仕事です。





そして、何を運ぶかというとアミノ酸です。





たんぱく質合成の際にmRNAの情報を元に
対応するコドン(アンチコドン)を運んできます。





この、運ぶとき
アミノ酸を結合して運んできます。





ということで(2)は正しいです。






(3)DNAポリメラーゼは、RNAを合成する





この文章、知識がなくても何となく「違うな」と思いませんか(;^ω^)





そういう感覚は大切です。





結論から言うと
DNAポリメラーゼDNAを合成し
RNAポリメラーゼRNAを合成します。





DNAって書いてあるのにRNAを合成するの変じゃない?
なんていう理由で(3)を間違いと判断しても全然良いです。





国家試験には「なんか変じゃない?」っていう文章は結構紛れてます。


知識がなくても何となく判断できる問題は意外とあるので
そうゆう感覚を大切にしどうしようもない時には
それを信じるのは一つの手です。





ということで(3)は間違い。






(4)cDNAは(相補的DNA)は、RNAポリメラーゼによって合成される





一見難しそうな文章ですが落ち着いて考えれば解けます。





cDNA(相補的DNA)の知識がなくても
「DNAって書いてあるしDNAの仲間だろうな」
くらいに考えてもらえれば良いです。





DNAってことは合成にはDNAポリメラーゼが関与するはずです。





少なくともRNAポリメラーゼではないことを判断できれば良いです。





ということで(4)は間違い。






(5)ヌクレオチドは、六炭糖を含む





ヌクレオチドはDNARNAを構築しているものです。





DNAやRNAを構築している糖は五炭糖(リボース)です。





なので
ヌクレオチドにも六炭糖ではなく、五炭糖が含まれています。





ということで(5)は間違い。





ちなみに、細かく言うと

  • ヌクレオシド
  • ヌクレオチド(ATP,ADP)
  • ポリヌクレオチド(DNA,RNA)

と分けることができます。





ヌクレオシドは五炭糖塩基のみから成る部分。





ヌクレオチド(ATP,ADP)はヌクレオチドにリン酸がくっついたもの。





ポリヌクレオチド(DNA,RNA)はヌクレオチドがいくつも連なったもの。





          スポンサーリンク






おわりに


核やDNAの分野は一連の流れを把握しておくと比較的わかりやすいです。





この問題の(3)(4)のような
何となくの感覚で解けるものもありますので諦めずに勉強すると良いです。





それでは~