【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 核酸の構造と機能

2月 11, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





核酸の構造と機能に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





          スポンサーリンク







問題


核酸の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法には、プライマーが必要である
(2)プロモーターはmRNAの移動に必要である
(3)rRNA(リボソームRNA)は、脂肪酸を運ぶ
(4)イントロンは、たんぱく質に翻訳される
(5)DNA分子中のシトシンに対応する相補的塩基は、アラニンである





に関する問題です。
前回にも似たような問題をやりました。









解答

(1)・・・○
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・×





          スポンサーリンク






解説


(1)ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法には、プライマーが必要である





ポリメラーゼ連鎖反応法(PCR法)は
簡単に言うとDNAを増幅させる方法です。





DNAを試験管の中で、人工的に10億倍程度に
増幅することが可能です。





簡潔に増幅の流れを説明すると

  1. 増幅させたい2本さ鎖のDNAを、短時間の熱処理で1本鎖に変性させる。
  2. それぞれの1本鎖DNAに、プライマーを加える。
  3. 適当な温度に下げると、プライマーが1本鎖DNAに相補的に結合する。
  4. DNAポリメラーゼの作用により、1本鎖DNAを鋳型にしてプライマーからDNAが合成される。
  5. 1~4を繰り返し、DNAの数が二乗されていく。




2本鎖である1つのDNAを1~4まで行い
複製すると、DNAが2つ出来上がります。





出来上がった2つのDNAで1~4の工程を行うと
2²=4ということで4つのDNAが出来上がります。





この方法でDNAがどんどん複製されていきます。





注目すべきは
2の過程で、プライマーが使用されているということ。





プライマーとは
変性した1本鎖DNAを鋳型にしてDNAが合成されるもとになるもの。





なので
プライマーがなければDNAを複製することは出来ないです。





ということで(1)は正しいです。






(2)プロモーターはmRNAの移動に必要である





プロモーターとはDNAの転写開始に関係しているものです。





遺伝情報の転写を開始するために必要なものです。





この文章にあるmRNAの移動には関係していません。





ということで(2)は間違い。






(3)rRNA(リボソームRNA)は、脂肪酸を運ぶ





微妙にひっかけのような文章です。





運ぶ」というワードで思い出すものが、tRNAです。





なので、この文章は間違い!
と判断しても良いと思いますが
この文章の間違いはそれだけではありません。





tRNAは運搬が仕事なのは正しいのですがアミノ酸の運搬です。





文章では、脂肪酸を運ぶと書いてあるのでそこも違います。





ということで(3)は間違い。






(4)イントロンは、たんぱく質に翻訳される





イントロンエキソンこの二つは基本なのでおさえておくと良いです。





イントロンはたんぱく質に翻訳されない部分。
エキソンはたんぱく質に翻訳される部分。
どうにかして覚えてね。





ということで(4)は間違い。






(5)DNA分子中のシトシンに対応する相補的塩基は、アラニンである





基本中の基本のような文章ですね。





DNAを構成する塩基は
アデニン(A)グアニン(G)
シトシン(C)チミン(T)
の4つです。





そして、それぞれの塩基対は
アデニンチミン
グアニンシトシン
となっています。





ということで(5)は間違い。





ちなみに、RNAでは
DNAのチミン(T)ウラシル(U)に変わります。





塩基対は
アデニンウラシル
グアニンシトシンとなります。





          スポンサーリンク






おわりに


今回や前回のように
DNAや核の問題は似ている問題が多いです。





苦手意識を持っている人も多い分野かもしれませんが
流れ意味をつかめば意外と簡単に解けます。





数をこなしていけば確実に点数につながると思います。





それでは~