【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち エネルギーと代謝

2月 10, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





エネルギーと代謝に関する問題です。
早速問題を解いていきます。





          スポンサーリンク







問題


生体エネルギーと代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)脱共役たんぱく質は、酸化的リン酸化を促進する
(2)Na⁺,K⁺‐ATPaseは、K⁺を細胞外へ排出する
(3)摂取した水分子の酸素原子は、呼気中の二酸化炭素分子には含まれない
(4)代謝過程で生じた熱は、身体活動のためのエネルギー源として利用することができる。
(5)脂肪酸のβ酸化経路には、中間代謝物と酸素分子が反応する過程はない





難しい問題、と言うより、難しそうに言っている問題
というような印象です。





(5)は細かくて難しいですがそれ以外は
しっかり読めば解けると思います。





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・○





          スポンサーリンク






解説


(1)脱共役たんぱく質は、酸化的リン酸化を促進する





↓似たような問題なので参考に。





難しい内容だったので少しおさらいしますが
ミトコンドリア内で、エネルギー(ATP)を産生する過程を
酸化的リン酸化と言います。





そして
エネルギー(ATP)産生を抑制し
代わりに熱を産生するものが
脱共役たんぱく質でした。





つまり
酸化的リン酸化脱共役たんぱく質
相反するものと考えてよいです。





相乗効果なんてありません。





(1)では
脱共役たんぱく質は酸化的リン酸化を促進する
と書かれているため
間違いであることがわかります。





ということで(1)は間違い。






(2)Na⁺,K⁺‐ATPaseは、K⁺を細胞外へ排出する





アルファベットが並ぶと難しく見えてしまいますよね。
でも落ち着いて考えれば意外と簡単です。





Na⁺,K⁺‐ATPaseとはなにか。

簡単に言うと
ATPを使って
Na⁺,K⁺を能動輸送するために必要なものです。





つまり
Na⁺,K⁺‐ATPaseは
K⁺の移動に関係しているもの
ということになります。





ここでもおさらいですが
Na⁺は細胞外液
K⁺は細胞内液に多く存在しています。





なのでK⁺は
受動輸送では細胞内から細胞外へ
能動輸送では細胞外から細胞内へ
という動きをします。





ということで(2)は間違い。






(3)摂取した水分子の酸素原子は、呼気中の二酸化炭素分子には含まれない





簡単に言い換えると、水を飲んだら
その水(H₂O)酸素原子(O)
吐いた息の二酸化炭素分子(CO₂)に含まれているのか
ということです。





結論から言うと含まれています





摂取したのですから、巡り巡って吐く息にも出てきます。





ということで(3)は間違い。






(4)代謝過程で生じた熱は、身体活動のためのエネルギー源として利用することができる。





代謝過程では
ATPなどエネルギーとなるもの代謝水が発生します。





熱は体温の上昇に使用されますが
エネルギーとしては使用されません。





何となく車で例えてみますが
ATPなどはガソリン
エンジンをかけて車を動かすことができます。

一方、熱は車体が温かくなりますが
エンジンをかけることも、車を動かすこともできない。
という感じです。





ということで(4)は間違い。






(5)脂肪酸のβ酸化経路には、中間代謝物と酸素分子が反応する過程はない





これは難しいので分からなくても良いです。





文章通り
脂肪酸のβ酸化経路には
中間代謝物と酸素分子が反応する過程はない。





ということで(5)は正しいです。





          スポンサーリンク






おわりに


この問題は
(5)が小難しいので
(1)~(4)を消去していく解き方が良いと思います。





(1)~(4)は落ち着いて考えれば解けるはずの問題ですので。





それでは~