糖質・脂質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。 糖質の代謝と脂質の代謝が混ざっている問題です。 基本的な内容ばかりなので、サクサク解けるようになると良いと思います。

【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 糖質・脂質の代謝

2月 10, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





糖質、脂質の代謝に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


糖質・脂質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)肝臓のグリコーゲンは、血糖値の維持に利用される
(2)糖新生は、筋肉で行われる
(3)脂肪細胞中のトリアシルグリセロールの分解は、インスリンにより促進される
(4)脂肪酸合成は、リボソームで行われる
(5)β酸化は、細胞質ゾルで行われる





糖質の代謝と脂質の代謝が混ざっている問題です。
基本的な内容ばかりなので、サクサク解けるようになると良いと思います。





解答

(1)・・・○
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)肝臓のグリコーゲンは、血糖値の維持に利用される





肝臓に蓄えられたグリコーゲンは
グルカゴンなどのホルモンによって、グルコースへと分解されます。





この流れを、糖新生と言います。





糖新生によって得たグルコースは、基本的に血中でも使用されるため
血糖値の維持に利用されます。





ということで(1)は正しい。





ちなみに
よく出る、似たような問題として
筋肉のグリコーゲンが、血糖値の維持に利用されるかどうかを
問われることが多いです。





筋肉のグリコーゲンは、血糖値の維持には利用されず
筋肉を動かすときのエネルギーとしてしか使われないので
覚えておくと良いと思います。






(2)糖新生は、筋肉で行われる





筋肉でグルコースが消費された場合
2種類の回路によって糖新生が行われます。





1つがコリ回路
乳酸をグルコースへ変換する回路です。

もう1つがグルコースアラニン回路
アラニンをグルコースへ変換する回路です。





↑↑↑↑↑↑↑

上の記事でも書きましたが
この2つの回路に共通しているのは
乳酸、アラニンがどちらも肝臓へ運ばれて
肝臓で糖新生が行われて、グルコースへ変換されているということです。





筋肉には、グルコース6-ホスファターゼという酵素が足りないため
糖新生ができないため、肝臓で行います。
困ったら頼りになる肝臓です。





ということで(2)は間違い。






(3)脂肪細胞中のトリアシルグリセロールの分解は、インスリンにより促進される





インスリンの機能を理解しているかどうか。





インスリンは、血糖を下げる役割があります。
血糖を下げるということはどういうことか。
体内からグルコースが消えてなくなるわけではありません。





インスリンは、血中にあるグルコースをグリコーゲンにして蓄えたり
脂肪として蓄えたりしています。


つまり、インスリンは
グリコーゲン合成やトリアシルグリセロール合成を
促進しているとも言えるわけです。





ということで(3)は間違い。






(4)脂肪酸合成は、リボソームで行われる





リボソームの役割は、たんぱく質合成です。

脂質の合成は、滑面小胞体ですね。





ということで(4)は間違い。






(5)β酸化は、細胞質ゾルで行われる





β酸化は、ミトコンドリアで行われます。

ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに


今回の問題は、基本的な内容だったので確実に正解しておきたい問題です。
復習もかねて、しっかり解けるようにしておくと良いと思います。





それでは~