オススメはサバの水煮!サバの味噌煮を超えるその魅力とは!

3月 21, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





便利で美味しいサバ缶
栄養もたくさんあって、手軽に食べられるので
管理栄養士から見てもオススメです。





ですが、サバ缶には
水煮味噌煮などの種類がいくつかあります。





1番のオススメはどれなのか。
紹介します。





スポンサーリンク







オススメのサバ缶の種類

サバ缶の画像

今回紹介するサバ缶の種類は

  • 水煮
  • 味噌煮
  • 味付け

の3種類を紹介します。





1番のオススメはサバの水煮缶

1番オススメは、サバの水煮缶です。





サバの水煮缶を1番オススメするポイントは

・カロリーが低い
・栄養価が高い
・塩分が低い

の、3つあります。





以下で詳細を紹介します。





1番カロリーが低い

サバの水煮缶は、味噌煮や味付けのサバ缶と比べると
カロリーが1番低く、ヘルシーです。





100gあたりで190kcal





サバ缶1つは約180gなので
342kcalです。





1番栄養価が高い

サバの水煮缶は、味噌煮や味付けのサバ缶と比べると栄養価が高いです。





具体的には、味噌煮や味付け缶よりも
サバの代表的なEPAやDHAといった
身体に良い脂肪酸は少ないのですが
アミノ酸の量が桁違いに多いです。





もちろん
味噌煮や味付け缶と比べて少ないとは言っても
EPADHAはしっかりと入っているので
アミノ酸との相乗効果で
疲労回復や、免疫力アップが期待できます。





1番塩分が低い

サバの水煮缶は、味噌煮や味付けのサバ缶と比べると食塩量が低いです。





味噌煮や味付け缶は
その名の通り味がついているので
塩分が高くなってしまいます。





むくみ高血圧が気になる人にとっては
塩分が低いものを食べたいですよね。





ちなみに
水煮缶も、塩分が低すぎるというワケではないので
缶詰ばっかり食べるのはオススメしません。





スポンサーリンク






サバの味噌煮缶と味付け缶

サバの味噌煮缶サバの味付け缶
はっきり言って、同じような感じです。





大きな違いはなので
好みの方を選んだ方が良いと思います。





一応、細かな違いはあるので
味噌煮缶と味付け缶の違いを2つ紹介します。





カロリーはサバの味付け缶の方が低い

カロリーですが、味噌煮缶よりも
味付け缶の方が低く、ヘルシーです。





1缶で比べると

味噌煮缶 391kcal
味付け缶 387kcal

となっています。





水煮缶の方がヘルシーですけどね。





塩分はサバの味噌煮缶の方が低い

塩分は、サバの味噌煮缶の方が低いです。





というより
サバの味付け缶の塩分がとても高いので、注意が必要です。





塩分を見ると、味付け缶よりも味噌煮缶の方がオススメです。





サバの味噌煮缶や味付け缶の良いところ

栄養面からみて、サバの水煮缶よりも
味噌煮缶や味付け缶の方が良いポイントが1つあります。





EPAやDHAが多い

サバの栄養の代名詞である
EPAやDHAは、味噌煮缶味付け缶の方が多いです。





DHAには

・記憶力上昇などの、学習機能向上作用
・がん予防作用
・血液中の脂質を下げる作用
・血圧を下げる作用
・抗アレルギーや、抗炎症作用

などの、身体に良い効果が多数報告されています。





EPAには

・血液中のコレステロールを下げる作用
・血液中の中性脂肪の下げる作用
・血圧を下げる作用
・血液サラサラ作用

などの、身体に良い効果が多数報告されています。





ちなみに
EPAやDHAの量は
サバの味噌煮缶味付け缶に同じくらい含まれています。





スポンサーリンク






オススメのサバ缶の種類まとめ

管理栄養士がオススメする、サバ缶の種類は

  • カロリーが低い
  • 栄養価が高い
  • 塩分が少ない

という3つのポイント

サバの水煮缶

です。





もちろん
サバの味噌煮缶や、サバの味付け缶にも
良さはたくさんありますが
健康を意識するなら、サバの水煮缶がダントツで良いです。





サバ缶ばっかりはオススメできませんが
うまく、食事に活用すると良いです。





それでは~