生のサバより低カロリーなサバの水煮缶!サバ缶がオススメな3つの理由

3月 21, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





巷では、空前のサバ缶ブームが起きています。
生のサバよりも、サバ缶が圧倒的人気です。


圧倒的人気のサバ缶ですが
実は、人気不人気関係なく
カロリーや、栄養の面からみてもかなりオススメです。





今回は、管理栄養士であるちわもち
サバ缶のオススメポイントを紹介します。





スポンサーリンク







サバの缶詰がオススメな3つの理由

サバ缶の画像

生のサバよりも、サバの缶詰がオススメなポイントは

・カロリーが低い
・栄養価が高い
・安くて手軽で便利

3つです。





以下に、ポイントの詳細を紹介します。





サバ缶はカロリーが低い

1つ目のオススメポイントは
カロリーが低い】ということです。





生のサバと、サバ缶のサバのカロリーを比べると





サバ缶1つ(190g)あたりのカロリー

361kcal





生のサバ190gあたりのカロリー

469kcal





サバ缶の方が100kcal近くも低いです。





もちろん、生サバを焼いたとしても
サバ缶のカロリーを下回ることはないですし
お肉類のカロリーよりも低いです。





サバ缶はヘルシーですね。





ちなみに
サバ缶の中でも、サバの水煮缶が一番ヘルシーです。

オススメのサバ缶の種類についてはこちら





サバ缶は栄養価が高い

2つ目のオススメポイントは
栄養価が高い】ということです。





「さすがに栄養価は、加工されていない生サバの方が高いでしょ」

と思うかもしれませんが
実はサバ缶の栄養価はかなり高いんです。





サバ缶の栄養

・EPA
・DHA
・カルシウム





サバに多いEPADHAといった
めちゃ身体によい栄養は
サバ缶にも、もちろん多いです。





更にサバ缶のサバは
骨が柔らかく、食べられるので
カルシウムまで多くとることができます。





サバ缶の栄養について、更に詳しくはこちら





サバ缶は、安くて手軽で便利

3つ目のオススメポイントは
安くて手軽で便利】ということです。





サバ缶の値段は、大体

200~300円

と、かなり安いです。

普通にサバを買ったら、もう少し高いと思います。





そして

缶詰を開ければすぐに食べられるという便利さ。





まな板も包丁もいらないです。





料理をしない人や、めんどくさい時なんかには
サバ缶の便利さが、かなりありがたいですね。





スポンサーリンク






サバの缶詰のオススメポイントまとめ

サバの缶詰のオススメポイントを3つ紹介しました。





サバ缶のオススメポイント

  • カロリーが低い
  • 栄養価が高い
  • 安くて手軽で便利




低カロリーで、栄養が高くて、手軽なんて
普段のご飯のおともとしても大活躍だと思います。





ただ、サバ缶は生サバに比べて塩分が多いので
塩分を気にしているのなら、ほどほどにしといた方が良いかと。





また、サバ缶はカロリーが低いですが
サバ缶の種類によっても、多少差があります。
オススメのサバ缶の種類についてはこちら





それでは~