【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 性周期

2月 9, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





性周期に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。






スポンサーリンク




問題


性周期に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)排卵後、卵胞は白体から黄体へと変化する
(2)プロゲステロンは、子宮内膜を増殖・肥厚させる
(3)プロラクチンは、排卵を誘発する
(4)卵胞期に、エストロゲンの分泌が高まる
(5)黄体期に、基礎体温は低下する





性周期の基本的な問題です。





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・○
(5)・・・×





スポンサーリンク




解説


(1)排卵後、卵胞は白体から黄体へと変化する





排卵後、卵胞は黄体になり
受精が起こらなかった場合、黄体は白体になります。





黄体 → 白体

です。





ということで(1)は間違い。






(2)プロゲステロンは、子宮内膜を増殖・肥厚させる





子宮内膜を増殖・肥厚させるのは、エストロゲンです。





プロゲステロン
子宮内膜腺の発達や、粘液性分泌物の分泌を促し
同時に、子宮内膜を着床に適した状態に変化させます。





ややこしいですが
増殖・肥厚はエストロゲンです。





ということで(2)は間違い。






(3)プロラクチンは、排卵を誘発する





プロラクチン
乳腺を発達させ、乳汁の産生や分泌を促すホルモンです。
排卵を抑制する効果もあります。





排卵を促すのは、黄体形成ホルモンです。





ということで(3)は間違い。






(4)卵胞期に、エストロゲンの分泌が高まる





卵胞期では
下垂体から卵胞刺激ホルモンの分泌増加により
卵巣が発育し、卵胞からのエストロゲン分泌が高まります。





ということで(4)は正しい。






(5)黄体期に、基礎体温は低下する





黄体期は、基礎体温が上がります。





ということで(5)は間違い。





スポンサーリンク




おわりに


性周期の基本なので
全部サクッと答えられるようにしましょう。





それでは~