【解説】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 食物アレルギー2

こんにちは!





ちわもちと申します!





食物アレルギーに関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





          スポンサーリンク







問題


食物アレルギーに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)発症には、IgMが関与する
(2)鶏卵は、乳児期に最も頻度の高い原因食物である
(3)Ⅲ型アレルギー反応に分類される
(4)食物経口負荷試験は、家庭で行う
(5)アナフィラキシーショックには、抗ヒスタミン薬が第一選択である





食物アレルギーの問題は近年増えているみたいです。





解答

(1)・・・×
(2)・・・
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・×





          スポンサーリンク






解説

(1)発症には、IgMが関与する





食物アレルギーの発症には、IgEが関与しています。





ということで(1)は間違い。






(2)鶏卵は、乳児期に最も頻度の高い原因食物である





乳児期に食物アレルギーの原因は

  1. 牛乳
  2. 小麦

の順で高いです。





た(卵)・に(乳)・こ(小麦)
と覚えましょう。





ということで(2)は正しい。






(3)Ⅲ型アレルギー反応に分類される





食物アレルギーは、IgEが関与するため
Ⅰ型アレルギーです。





ということで(3)は間違い。






(4)食物経口負荷試験は、家庭で行う





食物経口負荷試験は
アナフィラキシーショックなどを誘発する可能性があるので
専門の医師が対応可能な
病院などで行います。





ということで(4)は間違い。






(5)アナフィラキシーショックには、抗ヒスタミン薬が第一選択である





アナフィラキシーショックには
アドレナリンが第一選択です。





ということで(5)は間違い。





          スポンサーリンク






おわりに


↓食物アレルギーの似た問題はこちら





食物アレルギーの問題は多くなってきているので
しっかり対策をしておきましょう。





それでは~