【解説】基礎栄養学 消化器系の調節

こんにちは!





ちわもちと申します!





消化器系の調節に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題


消化器系の調節に関する記述である。正しのはどれか。1つ選べ。

(1)アセチルコリンは、胃液の分泌を促進する
(2)ガストリンは、胃の運動を抑制する
(3)ヒスタミンは、胃酸の分泌を抑制する
(4)コレシストキニンは、膵臓からHCO₃⁻の分泌を促進する
(5)セクレチンは、胃酸の分泌を促進する





消化管ホルモンに関する問題ですね。
基本なので覚えましょう。





解答

(1)・・・
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説


(1)アセチルコリンは、胃液の分泌を促進する





アセチルコリンは、副交感神経の神経伝達物質で
副交感神経によって胃酸の分泌が促進されます。





というこで(1)は正しい。






(2)ガストリンは、胃の運動を抑制する





ガストリンは、胃酸やペプシノーゲンの分泌を促進し
胃の運動を促進します。





というこで(2)は間違い。






(3)ヒスタミンは、胃酸の分泌を抑制する





ヒスタミンと胃酸の関係はありません。





胃酸の分泌を抑制するのは、セクレチンです。





というこで(3)は間違い。






(4)コレシストキニンは、膵臓からHCO₃⁻の分泌を促進する





コレシストキニンは
膵臓から消化酵素分泌や胆のうの収縮で胆汁の分泌を促進します。





膵臓からHCO₃⁻の分泌を促すのは、セクレチンです。





というこで(4)は間違い。






(5)セクレチンは、胃酸の分泌を促進する





(2)と同様です。





胃酸の分泌を促進するのは、ガストリンです。





というこで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに


消化管ホルモンの基本なので
この問題のホルモンは全て覚えましょう。

消化管ホルモンの似た問題はこちら





それでは~