【解説】基礎栄養学 消化と吸収

こんにちは!
ちわもちと申します!





消化と吸収に関する問題です。
早速問題を解いていきたいと思います。





スポンサーリンク







問題

消化と吸収に関する記述である。正しいのはどれか。

(1)腸管からの吸収された中鎖脂肪酸は、リンパ管へ運ばれる
(2)消化管ホルモンの分泌は、消化産物の影響を受けない
(3)糖質の消化酵素は、胃液に含まれない
(4)脂質の消化によって、モノアシルグリセロールは生じない
(5)脂質の消化酵素は、胆汁に含まれる





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・
(4)・・・×
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説

(1)腸管からの吸収された中鎖脂肪酸は、リンパ管へ運ばれる





普通、腸管から吸収された脂質は、リンパ管を通って全身へ運ばれます(水に溶けにくいため)。しかし、中鎖脂肪酸(短鎖脂肪酸も)は水に溶けやすいために、門脈から直接肝臓へ運ばれます。





更に、中鎖脂肪酸は門脈から直接肝臓に運ばれた後に速やかに分解されるので、長鎖脂肪酸に比べてエネルギーになりやすいです。





というこで(1)は間違い。






(2)消化管ホルモンの分泌は、消化産物の影響を受けない





食べ物が胃に入ったらガストリンが分泌されたり、十二指腸に入ったらコレシストキニンやセクレチンが分泌されたりと、消化管ホルモンの分泌は、消化産物の影響を受けます。





というこで(2)は間違い。






(3)糖質の消化酵素は、胃液に含まれない





意外なことに、糖質の消化酵素は胃液に含まれません。





食べ物を消化する道のりは、口→胃→小腸→膜消化の順ですが、小腸以外は消化酵素を持ってないものが存在します。





消化酵素を持たないもの
口・・・・たんぱく質
胃・・・・糖質
膜消化・・脂質





つまり、口ではたんぱく質を消化できず、胃では糖質を消化できず、小腸微絨毛膜では脂質を消化できないんです。





意外と問われることが多いので、覚えておきましょう。





というこで(3)は正しい。






(4)脂質の消化によって、モノアシルグリセロールは生じない





脂質(トリアシルグリセロール)を消化すると、モノアシルグリセロールと2つの脂肪酸が生まれます。





その後、小腸上皮でトリグリセリド(脂質)に再合成され、キロミクロンとなってリンパ管に入り、全身へ運ばれます。





というこで(4)は間違い。






(5)脂質の消化酵素は、胆汁に含まれる





胆汁は、消化を助けてくれるものであり、消化してくれるものではありません。脂質に限らず、胆汁には何の消化酵素も含まれていません。





脂質の消化酵素は、主に膵液に含まれています。





というこで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに

中鎖脂肪酸や、消化酵素、胆汁についてはほぼ必ず問われるのでしっかり理解しておきましょう。





それでは~