【解説】基礎栄養学 脂質代謝

こんにちは!
ちわもちと申します!





脂質代謝に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題

脂質代謝に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)食後、血中のキロミクロン濃度は低下する
(2)食後、肝臓では脂肪酸合成が低下する
(3)空腹時、血中の遊離脂肪酸濃度は上昇する
(4)空腹時、脳はケトン体をエネルギー源として利用する
(5)空腹時、筋肉はケトン体を産生する





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・
(4)・・・
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説

(1)食後、血中のキロミクロン濃度は低下する





キロミクロンは、食事由来のリポたんぱく質なので、食後には上昇します。
キロミクロンに関する問題はこちら





というこで(1)は間違い。






(2)食後、肝臓では脂肪酸合成が低下する





食後、吸収された余分なグルコースは、肝臓で中性脂肪に変えられます。なので、食後は脂肪酸合成は上昇します。





というこで(2)は間違い。






(3)空腹時、血中の有利脂肪酸濃度は上昇する





空腹時、ホルモン感受性リパーゼが活性化し、中性脂肪を分解します。分解されて生成した遊離脂肪酸は血中に行くため、血中遊離脂肪酸濃度は上昇します。





というこで(3)は正しい。






(4)空腹時、脳はケトン体をエネルギー源として利用する





空腹時、脳の栄養であるグルコースが枯渇すると、脳は中性脂肪を分解してケトン体を生成し、ケトン体をエネルギー源として利用します。





ちなみに、ケトン体が体内に貯まりすぎると、ケトアシドーシスになります。
ケトアシドーシスに関してはこちら





というこで(4)は正しい。






(5)空腹時、筋肉はケトン体を産生する





空腹時にケトン体を生成するのは、筋肉ではなく肝臓です。肝臓で生成されたケトン体が、筋肉や脳で利用されます。





というこで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに

空腹時や食後の脂質の代謝は試験に必ずと言っていいほどよく出るので、しっかりと理解しましょう。





自分がお腹空いてるときや、お腹いっぱいの状態で考えると、わかりやすいと思います。





それでは~