スイカにもリコピンが!?スイカの栄養とは

8月 12, 2019

こんにちは!
ちわもちと申します!





夏と言えば海!花火!そしてスイカ!想像しただけで夏らしさが溢れてますね。





ところで、水分ばっかりだと思われがちなスイカには、意外と栄養があるって知ってますか?なんと、身体に良いことで有名な栄養素までちゃっかり入っているんです。





ということで今回は、スイカの栄養について紹介します。





スポンサーリンク







スイカの栄養とは

スイカの画像

緑と黒のしましま模様と、鮮やかな赤い果肉のコントラストが綺麗なスイカ。実は、ただただ水分が多い果物ってわけじゃないんです。





ちわもちがピックアップする、身体に良いスイカの栄養は3つ

・リコピン
・βカロテン
・カリウム





以下で詳細を紹介します。





スイカにはリコピンが‼

トマトでおなじみの「リコピン」。
トマトのリコピンに関してはこちら





実はスイカにも、リコピンが入っているんです。一応、トマトと同じ赤色ですからね。





リコピンの効果

・圧倒的な抗酸化機能(老化防止)
・美白効果
・美肌効果
・ダイエット効果





「圧倒的な」と書きましたが、老化防止効果については、ビタミンCやビタミンEの効果をはるかに上回ります。





ただ、トマト程多くは入っていないので、リコピン目当てならトマトの方がいいです。。。





味的には、トマトよりもスイカの方が美味しいと思うのでトマト嫌いな人は、夏の間はスイカを食べまくりましょう。





スイカのβカロテン

スイカには、βカロテンも割と多く入っています。しかし、βカロテンが多いからと言って緑黄色野菜ではないです。





βカロテンの効果

・皮膚炎予防
・目の機能の維持
・免疫力アップ





βカロテンは、身体の機能を助けてくれたり、免疫力を上げて、身体をつよくしてくれる効果があります。スイカは夏に食べるので、「夏バテ予防」にはとても良い食べ物ですね。





ちなみになんですが、スイカは分類上は「野菜」ですが、栄養学上などからは果物になっています。「果物的野菜」ってやつです。





スポンサーリンク






カリウム

スイカには、カリウムも豊富です。





カリウムの効果

・むくみ改善
・血圧を下げる





カリウムには、利尿作用があって、体内の塩分や毒を外に出してくれます。結果的にむくみの改善や、デトックス効果があります。スイカの水分とカリウムの利尿作用で、体内の水分を循環させましょう。





スイカの栄養まとめ

スイカの栄養素のなかで、特に身体に良い3つの栄養素

・リコピン
・βカロテン
・カリウム

を紹介しました。





スイカの栄養によって、老化防止美肌夏バテ予防デトックス効果が期待できます。夏はスイカをたくさん食べて、「スイカ美人」になりましょう。





ちなみに、スイカに塩をかけて食べることは、スイカの甘味を引き立たせ、更に塩分補給水分補給にもなります。とても理に適っているので、オススメです。





それでは~