卵の栄養はほんとに最強!?卵の栄養による健康効果とは

こんにちは!





ちわもちと申します!





栄養価が高いことで知られる
栄養価の高さから、偉い人からたくさんの注目を浴び
日々、卵の良し悪しについて研究されているようです。





卵は、コレステロールが多いなどと言われていますが
ちわもち個人的には
卵はとても良い食材だと言い切ります!





最強食材の名にふさわしい
栄養たっぷりな卵の魅力を紹介します。





スポンサーリンク







最強食材!?卵の栄養

卵の画像

卵の栄養の魅力といえば
栄養のバランスが良いということです。





卵1つの中にあらゆる栄養素が詰まっています。





スーパーでも格安の値段で手に入り
生、焼く、茹でる、炒める
どんな調理法でも活躍できてしまう卵。





栄養価まで高いとなったら
まさに最強食材といえるのではないでしょうか。





卵は栄養素のバランスが良い

卵がなぜ、最強食材と言われているのか。





上でも少し書きましたが

卵は栄養のバランスがとても良いんです。





卵の栄養のバランスの良さをザックリいうと

食物繊維とビタミンC以外全部ある

といえます。





めっちゃ栄養たっぷりな響きですよね。





卵は栄養がたくさんありすぎて
全ては紹介しきれないので
たくさんの栄養素の中でも
特に卵に多い栄養を3つほど、以下で紹介します。





たんぱく質

卵には、良質なたんぱく質が多いです。





アミノ酸も、満遍なくたくさん含まれています。





種類の豊富なアミノ酸がたくさん含まれていることによって

・疲労回復
・免疫力アップ

に、つながります。





たんぱく質だけを見ても
いかに卵の栄養がバランスがいいかが分かりますね。





ビオチン

卵には、ビタミンB群の仲間であるビオチンという栄養素も豊富です。





ビオチン

・エネルギーを作る手助け
・皮膚や粘膜の維持
・爪や髪を健康に保つ

などの役割があります。





肌荒れを予防してくれたり
髪の毛の健康に関わっている栄養素のなので
ビオチンをしっかり補給することで
見た目もツヤツヤしてくるはずです。

肌荒れに効く栄養素、食材はこちら





ビタミンB₂

卵には、ビタミンB₂も豊富です。





ビタミンB₂は

・口角炎予防
・肌荒れ予防

などがあります。





特に、ビタミンB₂は
油の摂りすぎで起きてしまう肌荒れを予防してくれるので
卵の脂質での肌荒れの心配がなくなりますね。





スポンサーリンク






バランス抜群な卵の栄養まとめ

卵に多い栄養素3選。

  • たんぱく質
  • ビオチン
  • ビタミンB₂




もちろん、紹介した3つ以外にも
ビタミンミネラル脂肪酸など
卵にはたくさん栄養が詰まってます





卵は、栄養満点で万能な食べ物といえるでしょう。





卵のコレステロールについて

卵には、多くの栄養があるため
結果的にコレステロールも多く入っています。





コレステロールが多いからあまり食べちゃいけないと
思っている人も多いですが
コレステロールは、食事で摂り入れたものよりも
体内で合成される量の方がはるかに多いです。





食事からのコレステロールがちっぽけに感じるくらい。





コレステロールの摂りすぎは確かに良くないですが
コレステロールを気にしすぎて食べないというのはもったいないです。





ちわもち的な目安は
卵1日1個、1週間で7個くらいを目安にすると良いです。





それでは~