【解説】基礎栄養学 たんぱく質の栄養

こんにちは!
ちわもちと申します!





たんぱく質の栄養に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題

たんぱく質の栄養に関する問題である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)窒素平衡の状態は、体内の窒素量が増加していることを示す
(2)生物価は、摂取した窒素量のうちの体内に保留された窒素量の割合を示す
(3)不可欠(必須)アミノ酸の必要量は、種類に関わらず一定である
(4)アミノ酸価は、食品たんぱく質中の不可欠アミノ酸量によって決まる
(5)たんぱく質の栄養価は、摂取する食品の組み合わせでは変化しない





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・
(5)・・・×





スポンサーリンク






解説

(1)窒素平衡の状態は、体内の窒素量が増加していることを示す





窒素平衡とは、食品によって摂取した窒素量と、糞便や尿の排泄によって損失した窒素量が、差し引きゼロの状態(平衡)を言います。体内の窒素量が増加したら、差し引きゼロではなくプラスになっているということです。





というこで(1)は間違い。






(2)生物価は、摂取した窒素量のうちの体内に保留された窒素量の割合を示す





生物価は、吸収した窒素量のうちの体内に保留された窒素量の割合を示します。摂取した窒素量のうちの体内に保留された窒素量の割合を示すのは、正味たんぱく質利用率です。正直、覚えなくても大丈夫です。





というこで(2)は間違い。






(3)不可欠(必須)アミノ酸の必要量は、種類に関わらず一定である





不可欠(必須)アミノ酸の必要量は、種類によって違います。そりゃそうですよね。





というこで(3)は間違い。






(4)アミノ酸価は、食品たんぱく質中の不可欠アミノ酸量によって決まる





アミノ酸価とは、たんぱく質の栄養価を示す指標の1つで、アミノ酸評点パターン(たんぱく質の理想的な必須アミノ酸含量を示したもの)というものを基準として、アミノ酸評点パターンと比較した時の食品の必須アミノ酸がどれだけ不足しているかを表します。





アミノ酸価=各食材の必須アミノ酸組成/アミノ酸評点パターン×100





アミノ酸価は、食品たんぱく質の不可欠(必須)アミノ酸量によって決まります。何かのアミノ酸が欠けていると、その分アミノ酸価は下がってしまいますからね。





というこで(4)は正しい。






(5)たんぱく質の栄養価は、摂取する食品の組み合わせでは変化しない





たんぱく質に限らなくても、栄養価は摂取する食品の組み合わせで変化します。





というこで(5)は間違い。





スポンサーリンク






おわりに

生物価や正味たんぱく質利用率などは、「どういうものか」さえ押さえておけば良いと思います。窒素平衡の状態と、アミノ酸価についてはしっかりと理解しておくと良いです。





それでは~