【解説】基礎栄養学 鉄の吸収と代謝

こんにちは!
ちわもちと申します!





鉄の吸収と代謝に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





      スポンサーリンク







問題

鉄の吸収と代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)非ヘム鉄の吸収は、共存する食品成分の影響を受けない
(2)非ヘム鉄の吸収率は、ヘム鉄より高い
(3)鉄の消化管からの吸収は、貯蔵鉄の影響を受ける
(4)シトクロムaは、鉄を貯蔵する機能を持つ
(5)ミオグロビンは、鉄の血中輸送を行う





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・
(4)・・・×
(5)・・・×





          スポンサーリンク






解説

(1)非ヘム鉄の吸収は、共存する食品成分の影響を受けない





非ヘム鉄の吸収は、シュウ酸(阻害)、タンニン(阻害)、ビタミンC(促進)などの食品成分の影響を受けます。





というこで(1)は間違い。






(2)非ヘム鉄の吸収率は、ヘム鉄より高い





吸収率は、非ヘム鉄よりもヘム鉄の方が高いです。





というこで(2)は間違い。






(3)鉄の消化管からの吸収は、貯蔵鉄の影響を受ける





体内の鉄分は肝臓に蓄えられています。消化管からの鉄分吸収は肝臓の貯蔵鉄の影響を受け、吸収率は変化します。貯蔵鉄が少なくなると鉄の吸収率は高くなります。





というこで(3)は正しい。






(4)シトクロムaは、鉄を貯蔵する機能を持つ





鉄を貯蔵する機能があるのは、フェリチン、ヘモシデリンです。よく出るのはフェリチンなのでヘモデシリンは覚えなくて大丈夫です。





シトクロムaは、電子伝達系に関わるヘムたんぱく質ですが、滅多に出ないので覚えなくて大丈夫です。





というこで(4)は間違い。






(5)ミオグロビンは、鉄の血中輸送を行う





鉄の血中輸送を行うのはトランスフェリンです。ミオグロビンは鉄を含有する色素たんぱく質です。ちなみに、酸素の運搬するヘモグロビンも鉄を含有してます。





というこで(5)は間違い。





          スポンサーリンク






おわりに

鉄に関する問題は、ヘム鉄と非ヘム鉄、フェリチン、トランスフェリンヘモグロビンあたりを覚えておけば大丈夫です。





それでは~