トマトは栄養たっぷりな健康食材!リコピンで美白にもなれる!?

3月 25, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





栄養満点で知られるトマト





好き嫌いが分かれるトマトですが
食べないと損しているといってもいいくらい
良い栄養を秘めています。





実はちわもち
トマトを食べられないんですが(嫌いで)
食べられないことが本当に残念で仕方ないです。





今回は、トマトの栄養を紹介します。





スポンサーリンク







トマトの栄養

トマトの画像

そのまま食べても、調理しても美味しい(と言われている)トマト。





真っ赤なトマトには、どんな性能があるのか。
トマトの多い栄養素を以下で紹介します。





トマトに多い栄養

トマトには、健康に良い栄養素がたくさん入っているのですが
中でも、特に多い栄養素が

・リコピン
・カリウム

の2つです。





以下に、リコピンカリウムの何が凄いのか
詳細を紹介します。





リコピン

リコピンです。
名前は聞いたことあるでしょうか。
正式名称は「リコペン」なのですが
リコピンが浸透しているのでリコピンと呼びますね。





トマトには、リコピンがたくさん入っています。





トマト100gのリコピン含量

3mg





3mgというのは、とても多いほうなんです。





リコピンは何がすごいかというと

圧倒的な抗酸化機能(老化防止)
美白効果
美肌効果
ダイエット効果

があるからなんです。





しかも、老化防止に関しては
ビタミンCやビタミンEの効果を上回るという凄さ。





リコピンだけで、すさまじい美容効果です。
美しくなりたいなら、絶対食べたほうがいいですね。


ちわもちのように
トマトが苦手な人は多いと思いますが
実はニンジンスイカにも少し入っていたり
リコピンが豊富なサプリメントもあるので
トマト以外から摂りましょう。





でもやっぱり、トマトが1番かなあ。





だれか、イチゴ味のトマトを開発してください。





カリウム

トマトには、カリウムも豊富に含まれています。





カリウムは
身体から塩分を外に出してくれるので
むくみが解消されたり
血圧を下げてくれたりします。





「しょっぱいもの食べすぎた」と思ったときは
トマトいっぱい食べるのもいいかもです。





スポンサーリンク






トマトの栄養まとめ

まとめと言っても
リコピンカリウムしか紹介してないですけどね。





他の栄養素が少なくても
リコピンが全てカバーしてくれているようなものです。





リコピンの効果

  • 圧倒的な抗酸化機能(老化防止)
  • 美白効果
  • 美肌効果
  • ダイエット効果




カリウムの効果

  • 血圧を下げる
  • むくみ解消




美容成分たっぷりな野菜ですね。
若いうちから、トマトをたくさん食べることをオススメします。





ちわもちも
ミートソースにしたり、サプリメントを食べたりして
リコピンをたくさん摂ろうと思います!





トマトとミニトマトはどっちが栄養価が高いかはこちら





それでは~





スポンサーリンク