トマトとミニトマトではどっちが栄養豊富なの?より美容効果が大きいのは

3月 25, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





リコピン効果で、美肌になれると注目のトマト。
トマトには、リコピンの他にも栄養満点です。

トマトの栄養についてはこちら





栄養満点のトマトですが
トマトミニトマトで、栄養価に差があります。





ズバリ!

ミニトマトの方が栄養価が高いです。





今回は、トマトとミニトマトの栄養価の違いについて紹介します。





スポンサーリンク







トマトとミニトマトの栄養の違い

ミニトマトの画像

トマトとミニトマトの違いは、大きさだけではありません。





同じ重さで比べた時に
ミニトマトの方がトータルで1.5倍くらい、多くの栄養を含んでいます。





同じ量のトマトを食べるなら
栄養価が高いほうを食べたくなりますよね。





ミニトマトの方に多い栄養素

トマトと比べて、ミニトマトの方に多い栄養素は以下のものです。





リコピン

ミニトマトのリコピン量は
普通のトマトと比べると

約2.5倍

も多く含まれています。





100gあたりのリコピン含量

トマト・・・・・3mg
ミニトマト・・・8mg





リコピンには、ビタミンCやビタミンEをはるかに凌駕する
抗酸化機能(老化防止機能)があります。





普通のトマトにさえ、リコピンがたっぷり入っているのに
ミニトマトには、更に2倍のリコピンがあるのです。





普通のトマトよりも、ミニトマトの方が食べやすいと思うので
ミニトマトを日常的に食べる習慣のある人は
将来確実に、体の機能が若々しく保たれていると思います。
(ちわもちの予測ですが。。)





ビタミンA

普通のトマトと比べ、ミニトマトにはビタミン類も多く含まれています。





特に、ビタミンAの量は

約2倍

も多く含まれています。





ビタミンAの効果

・皮膚炎の予防
・目の機能の維持
・免疫力アップ





ミニトマトの方が、ビタミンAの効果に期待ができます。





アミノ酸

普通のトマトに比べて
ミニトマトにはアミノ酸類が

約1.5倍

も多く含まれています。





アミノ酸には、たくさんの種類がありますが
ミニトマトの方が全体的に多いため

疲労回復免疫力アップに効果的です。





ちわもちは、トマトが食べられない人間なので分かりませんが
うま味もミニトマトの方が上なはずなので
美味しく感じるはずです。





食物繊維

普通のトマトと比べて
ミニトマトには食物繊維

約1.5倍

も多く含まれています。





食物繊維の効果

・お通じの改善
・有害物質の排泄(デトックス効果)
・コレステロールが上がるのを抑える
・食後に血糖値が上がるのを抑える





スポンサーリンク






トマトとミニトマトの栄養の違いまとめ

普通のトマトと、ミニトマトの栄養の差ですが





ミニトマトの方が

  • リコピン  2.5倍
  • ビタミンA 2倍
  • アミノ酸 1.5倍
  • 食物繊維 1.5倍

も多くの栄養素が含まれています。





ミニトマトの方が栄養価が高いと言えますね。





ちなみにですが
栄養が高いミニトマトですが
普通のトマトよりもカロリー糖質も若干多めに入っています。





カロリー糖質が気になるのであれば
普通のトマトをオススメします。





とにかく、ミニトマトの栄養は
綺麗になりたい人にとっては魅力的なものばかりなので
ちわもちも頑張って食べます!!





それでは~