栄養満点!豆苗の使い方とレシピ

3月 21, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





豆苗
豆(まめ)に苗(なえ)と書いて豆苗。

豆苗のイラスト

↑こんなやつです。
カイワレかと思っちゃいますね。





豆苗は栄養価が高く、注目されている食材です。

どんな栄養があるのか、豆苗の使い方やレシピを紹介します。





スポンサーリンク







豆苗の栄養

豆苗には、色々な栄養があり
まさに栄養豊富ですが
特に豆苗に多い栄養素について紹介します。





豆苗に多く含まれている栄養素

豆苗を食べると期待できる栄養素は

・ビタミンA
・ビタミンK
・葉酸
・食物繊維

です。





以下で詳細を紹介します。





ビタミンA

豆苗には、ビタミンAがとても豊富に含まれています。

その量は、同じ重さで比べると
小松菜よりも多いという驚きの量です。





ビタミンAは、肌の乾燥を防いでくれたり
目に良いと言われています。





ビタミンAは、油に溶ける性質があるので
油を使った調理で食べると、効率よく摂取できます。





ビタミンK

豆苗には、ビタミンKがとても豊富に含まれています。





ビタミンKには、血を固まりやすくしてくれる作用があります。
出血したときに、すぐ血を止めてくれる役割ですね。





ビタミンKは、赤ちゃんにも大切な栄養なので
妊婦さんもたくさん摂取したいですね。





ビタミンKも、 油に溶ける性質があるので
油を使った調理で食べると、効率よく摂取できます。





葉酸

豆苗には、葉酸がとても豊富に含まれています。





葉酸は、赤ちゃんにとってとてつもなく大切な栄養素ですので
妊婦さんは沢山摂取すると良いと思います。
もちろん、妊婦さんではなくとも欠乏したくない栄養素です。





葉酸は、水に溶ける性質があるので
茹でこぼしなどは、水と一緒に葉酸が流れて行ってしまう可能性があるので
気を付けたほうが良いです。





食物繊維

みんな大好き食物繊維です。
豆苗には食物繊維もしっかり含まれています。





食後の血糖値上昇を緩やかにしたり
血中のコレステロールを排泄して、コレステロール値を下げてくれたり
高血圧の予防してくれたり、お通じにもよい。

まさにいいことだらけの栄養素ですね!





食物繊維はどんな食べ方でも、きちんと摂取できますが
生食が繊維を壊さず摂取できます。





スポンサーリンク






豆苗の使い方やレシピ

栄養満点の豆苗はどう使って、どんな料理にしたらよいのか。
ざっっくり紹介します。





豆苗の炒め物

油で炒めます。

香りよくゴマ油で炒めても美味しいですし
ヘルシーにサラダ油で炒めても美味しいです。





炒めることで、ビタミンAやビタミンKの吸収も良くなります。





一緒に炒める食材は、野菜、お肉、なんでも合いますので。

例として豆苗の簡単炒めレシピを参考にどうぞ。





豆苗サラダ

豆苗サラダは、豆苗を洗ってドレッシングで和えるだけでできてしまう
スーパー簡単料理です。

レタスツナハムといった食材も一緒に和えれば
味や歯ごたえも一層楽しめます。





たくさん食物繊維もとれますし!









豆苗を添える

メインとなるおかずや食材に生の豆苗を添えるだけでも良いと思います。

見た目も、緑が加わり鮮やかになりますし
栄養価アップも期待できます。

添えるだけなら簡単ですし。





スポンサーリンク






豆苗は簡単に自家栽培が可能

豆苗は、簡単に自家栽培が可能な野菜です。

豆苗の自家栽培方法を参考までに。

こんな栄養満点な豆苗を自宅で簡単に栽培できるなんて
体にもお財布にも優しい食材ですね。





それでは~