【解説】基礎栄養学 糖質の栄養 

こんにちは!
ちわもちと申します!





糖質の栄養に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





          スポンサーリンク







問題

糖質の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)空腹時には、グルコースからの脂肪酸合成が促進される
(2)空腹時には、アミノ酸からのグルコース合成が抑制される
(3)糖質摂取量の増加はビタミンB₁必要量を減少させる
(4)筋肉グリコーゲンは、脳のエネルギー源として利用される
(5)急激な運動時には、グルコースから乳酸が生産される





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・





          スポンサーリンク






解説

(1)空腹時には、グルコースからの脂肪酸合成が促進される





空腹時、つまりお腹が空いている時は、身体がグルコースを欲している時なので、脂肪酸合成は抑制されます。





なんにも食べずに空腹が続くと痩せますよね。脂肪酸の合成どころか、分解されています。





ということで(1)は間違い。






(2)空腹時には、アミノ酸からのグルコース合成が抑制される





(1)でも書きましたが、空腹時はグルコースがほしいのです。なので、グルコース合成が抑制されることはないです。空腹時は、アミノ酸からのグルコース合成が促進します。





ということで(2)は間違い。






(3)糖質摂取量の増加はビタミンB₁必要量を減少させる





糖質の代謝の過程で、ビタミンB₁が必要です(解糖系とTCAサイクルの橋渡しをする酵素の補酵素)。なので、糖質の摂取量が増えると、ビタミンB₁の必要量が増えます。





ちなみに、糖質ではビタミンB₁、脂質ではビタミンB₂、たんぱく質ではビタミンB₆の必要量が増えます。





ということで(3)は間違い。






(4)筋肉グリコーゲンは、脳のエネルギー源として利用される





脳は、グルコースを栄養として利用しますが、グルコースの中でも、肝臓グリコーゲンからのグルコースです。筋肉グリコーゲンは、グルコースに分解されずに筋肉のエネルギーとして利用されます。
炭水化物の栄養に関する問題はこちら





というこで(4)は間違い。






(5)急激な運動時には、グルコースから乳酸が生産される





急激な運動(無酸素運動)など、嫌気的条件での解糖系の代謝産物は乳酸です。





というこで(5)は正しい。





          スポンサーリンク






おわりに

糖質の栄養の問題は、体の中のグルコースの流れを把握しておくと、どんな問題が来ても解けると思います。





それでは~