【解説】基礎栄養学 糖質の代謝

こんにちは!
ちわもちと申します!





糖質の代謝に関する問題です。
早速、問題を解いていきます。





スポンサーリンク







問題

糖質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)糖質の重量あたりに発生するエネルギー量は、脂肪よりも大きい
(2)グルコースからのATP産生には、ビタミンCが必要である
(3)体内のグリコーゲン貯蔵総量は、食事の影響をうけない
(4)筋肉グリコーゲンの分解は、アドレナリンにより抑制される
(5)難消化性糖質は、発酵を受けて代謝される





解答

(1)・・・×
(2)・・・×
(3)・・・×
(4)・・・×
(5)・・・





スポンサーリンク






解説

(1)糖質の重量あたりに発生するエネルギー量は、脂肪よりも大きい





グルコース1分子から生成するATPは、36または38分子。対して脂質は、さらに多く(パルミチン酸1分子では129分子)のATPが産生されます。





また、エネルギー量なので分子ではなくカロリーで考えても、糖質は1gで4kcalなのに対し、脂質は1gで9kcalなので、脂質の方がとても多いです。





というこで(1)は間違い。






(2)グルコースからのATP産生には、ビタミンCが必要である





グルコースがピルビン酸からアセチルCoAを経てTCAサイクル、電子伝達系でATPを産生するには、補酵素としてビタミンB₁が必要です。





主に、糖質にはビタミンB₁、脂質にはビタミンB₂、たんぱく質にはビタミンB₆が必要と覚えておくと良いです。




というこで(2)は間違い。






(3)体内のグリコーゲン貯蔵総量は、食事の影響をうけない





糖質の多い食事などで、体内のグリコーゲン貯蔵量は増加します。





というこで(3)は間違い。






(4)筋肉グリコーゲンの分解は、アドレナリンにより抑制される





アドレナリンは、筋肉グリコーゲンを分解して、血糖を上げる働きがあります。





というこで(4)は間違い。






(5)難消化性糖質は、発酵を受けて代謝される





難消化性糖質は、大腸内の細菌によって分解、発酵・吸収されて利用されます。





というこで(5)は正しい。





スポンサーリンク






おわりに

糖質の代謝の基本的な問題です。特に、(2)をしっかり覚えていれば、他のいろんな問題に対応できます。





それでは~