種類別のチョコレートのカロリーを徹底比較!一番ヘルシーなチョコ決定!

3月 21, 2019

こんにちは!





ちわもちと申します!





甘くておいしいチョコレート





種類も豊富で
ミルクチョコレートホワイトチョコレートなど、いろいろあります。





今回は
チョコレートの種類によって
カロリーに差があるのかどうか
紹介したいと思います。





チョコレートの良い栄養に関してはこちら

スポンサーリンク





チョコレートの種類でカロリーに差は?

チョコレートの画像

比較するのは

・ミルクチョコレート
・ホワイトチョコレート
・ブラックチョコレート
・アーモンドチョコレート
・カバーリングチョコレート

の5種類のチョコレートです。





カバーリングチョコレートについては
後ほど説明します。





ミルクチョコレートのカロリー

王道のチョコレート、ミルクチョコレートです。





一般的に販売されているチョコレートは
ミルクチョコレートが多い印象です。





そんな、よく見かけるミルクチョコレート。
気になるカロリーですが

板チョコ1枚(50g)

279kcal





お世辞でも、低カロリーとは言えませんね。
高カロリーです。





ホワイトチョコレートのカロリー

白いチョコレート。
ホワイトチョコレートです。





見た目もきれいで
手作りチョコレートを作るときなんかは
ぜひ取り入れたいチョコレートですよね。





ミルクチョコレートよりも甘い印象がありますが
カロリーはどうなっているんでしょう。





ホワイトチョコレートの板チョコは1枚が40gなのですが
ミルクチョコレートと合わせるために、50gで比べます。





ホワイトチョコレート50g

294kcal


ホワイトチョコレート、とても高カロリーです。





やはり、甘い分だけカロリーも高いようですね。





スポンサーリンク






ブラックチョコレートのカロリー

真黒なチョコレート。
ブラックチョコレートです。





ホワイトチョコレートとは、色が正反対ですが
味の方も甘さ控えめで
どちらかというと苦いチョコレートです。





甘さ控えめで苦いということは
低カロリーも期待できますが、どうでしょう。





板チョコ1枚(50g)で

279kcal





意外な結果に。
ミルクチョコレートと同じカロリーです。





実は、ブラックチョコレートでも
カロリーが低くなるということはあまり期待できないんです。





しかし、ブラックチョコレートは
ポリフェノール食物繊維の量が増えます。
栄養面で見ると、ミルクチョコレートよりも健康には良いと言えます。





アーモンドチョコレート

アーモンドチョコレートとは
アーモンドをチョコレートがコーティングしたチョコレートです。
チョコの中にアーモンドが入っているやつです。





チョコの中にアーモンドですから
アーモンドのカロリーが入ってくるわけです。





アーモンドチョコレート50g

292kcal





ホワイトチョコレートに次ぐ高カロリーです。





アーモンドは豆なので
ヘルシーなイメージを持っている人もいると思いますが
豆は、カロリーが高めです。





チョコレートと合わさった結果
高カロリーになりましたね。





カバーリングチョコレートのカロリー

カバーリングチョコレートとは
「ビスケットをチョコレートで覆ったチョコ」です。





販売されているチョコレートのお菓子は
カバーリングチョコレートの割合が多いのではないでしょうか。
(アルフォートとか、ポッキーとか)





チョコとビスケットが一緒になっているお菓子。

カバーリングチョコレート50g

256kcal





チョコレートの種類の中で
一番カロリーが低いという結果になりました。





カロリーが高めなのには変わりないですが
ビスケットが入ると、若干カロリーが下がるようですね。





スポンサーリンク






チョコレートの種類のカロリーまとめ

色々なチョコレートのカロリーを比較しました。





カロリーが高かった順

  1. ホワイトチョコレート
  2. アーモンドチョコレート
  3. ミルクチョコレート
  4. ブラックチョコレート
  5. カバーリングチョコレート




1番カロリーが高かったのは
ホワイトチョコレートでした。
甘いイメージがあるので納得です。





次いで、アーモンドチョコレート
アーモンドがカロリー高めなので
豆といえど、カロリーが高くなったようです。





ミルクチョコレートとブラックチョコレートはほぼ同じです。
カロリーは同じですが、食物繊維などを意識するなら
ブラックがオススメです。





そして、カバーリングチョコレートが1番低カロリーでした。





チョコレートは高カロリーで、食べ過ぎには注意ですが
体に良い効果もたくさんあるので
適度な量で生活に取り入れることをオススメします。

チョコレートの良い栄養についてはこちら





それでは~